ニューバランスのテニスシューズを履き比べて”MCO896″を買ってみたよ

今履いているアシックスのソリューションスピード3が消耗してきたので、ニューバランスのテニスシューズデビューしてみました!

買うときにすごーく迷ったのですが、今回はMCO896というモデルを買いました。

改めて調べてみると、新しいモデルが出ていたり、いろいろ種類があったので調べてまとめてみましたよ!

では種類の違いや見分け方から、MCO896のレビューを書いていきます。

ニューバランス テニスシューズの種類と性能

2019年現在、ニューバランスのテニスシューズは、メンズ・レディースともに5つのモデルで展開されています。

トップモデルである“FRESH FOAM LAV”は、ユニセックスなのでデザインも共通!

メンズとレディースでは足型の傾向が違うので、ユニセックスモデルはすごく珍しいです。

なぜそんな珍しいことが実現できるのかというと、ニューバランスのテニスシューズの上位モデルは、同じデザインのままワイズ(足の横幅のこと)が違うものが選べるからなんです。

この選び方ができるのがニューバランスの特徴であり、デザインを大切にされる方には魅力的ですね。

どう見分けるのか

僕が購入した“MCO896”を例に説明していきますと、

“MCO”というアルファベット部分が、メンズ・レディース・ジュニアどれなのか。

合わせて、オールコート用オムニ・クレー用かを表しています。

1文字目のアルファベットが、“M” ならメンズ、“W” ならレディース、“K” ならキッズ(ジュニア)モデルとなっています。

3文字目“H” ならオールコート、“O” ならオムニ・クレーのモデルという感じで見分けることができます。
(ジュニアのみオールコート用モデル2つを展開しているようです)

オールコート オムニ・クレー
メンズ MCH MCO
レディース WCH WCO
ジュニア KC

そして、“896”という数字の部分が、モデル名となっています。

テニスシューズに限らず、ニューバランスのシューズは、数字がモデル名になっていることがほとんど。

その数字が大きくなるほど、機能性が高くなる傾向があります。

機能性というのはテニスシューズの場合だと、ソールのクッション性やアッパーの素材によるホールド性・耐久性になりますね。

2019年現在の、ニューバランステニスシューズのラインナップ5つをワイズ(足幅)・重さ(27.0サイズ)とともにまとめてみました。

ワイズ(足囲)

メンズ

ワイズ(足囲)

レディース

シューズ重量

(27.0サイズ)

696 2E 2E 342g
796 2E D 321g
896 2E D 330g
996 2E / 4E D / 2E 386g
FRESH FOAM LAV D / 2E メンズと共通 378g

下のモデルほど機能性が高く、それに比例して価格も上昇します。

お気づきの方も多いと思いますが、ひとつだけモデル名が数字でないシューズがありますよね。

“FRESH FOAM LAV”というのは、以前あった”1296″に変わって登場したトップモデルのシューズで、冒頭で説明したユニセックスタイプのものになります。

では、ここからは見た感じの印象も含めて、履いてみた感想をかんたんに書いてみます。

696

ニューバランスのシューズの中で一番お求めやすいモデル。

その分、機能性は少し物足りないかな。

内側の強化されていないので、オムニやクレーでスライドする方にはちょっと穴が開きやすそう。

でも他のメーカーの同じ価格帯と比べると、結構しっかりしている気がいます。

796

696のモデルかたクッション性や内側の耐久性が増し、さらに軽量化されたシューズです。

アッパー素材の通気性や伸縮性は期待できなさそうですが、サイズがピッタリ合う方にはオススメ!

実際に履いてみても軽さが体感できますし、必要なところには耐久性が高まる機能が搭載されているので、ある程度までは耐えてくれると思います。

896

今回選んだモデルなので、写真とともに次の項目で紹介します。

996

軽いシューズではありませんが、足と触れるところが肉厚で包まれている感じ。

クッション性や耐久性も高く、安心感があります。

アッパーがニット素材なので、履き心地がいいのも特徴です。

FRESH FOAM LAV

896とどっちを買うか、最後まで悩みました!

他のモデルと全く違う”しっとり”したクッション性のインソールと、かかとのフィット感が抜群でした!

996と比べてアッパーは薄手で、フィット感重視なのかな?

あと、僕の大好きなアッパーとタンが一体化しているソックスタイプなのも嬉しいです。
(ヨネックスのフュージョンレブ、アシックスのコートFF、アディダスのウーバーソニックなど)

今回選んだMCO896の感想

2019.08.28 追記
デザインが一新され、ランニングシューズのようなかっこいい見た目になりました!
更に軽量化されたようなので、ぜひチェックしてみてください!

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ MCO896 オムニ・クレー用
created by Rinker

“FRESH FOAM LAV”とすごく迷ったんですが、自身のフットワークが悪いこともあり、より軽い“MCO896”のほうがいいかなという結論になりました。

アッパー全体がメッシュ素材で通気性がよさそうなところと、メッシュで薄手なのに足へのフィット感がいいのがお気に入りです!

つま先からシューズ内側にかけて、耐久性を高める“N DURE”が搭載。

どのメーカーでもそうですが、オムニ・クレー用を選ぶときは必須の機能だと思います。

今はほとんどのモデルについているので安心ですね。

アウトソールは、引っかかりのあるポッチの数が内側が細かく、外側に向かって荒くなっていきます。

その理由に答えているインタビュー記事を発見したので、tennis365さんより引用させていただきます。

「896」のオムニ・クレーコートのソール設計は、外側が全体的に粗い、大きい構造にしています。特に外側に滑りをかけたい時に引っかかると恐いというフィードバックがあったので、外側はあえて隙間を大きくして少し滑りやすく設計しています。
反対に、母指球のところでストロークの時に引っかかるのが嫌だという選手が多いので、細かく、密度をより高めることで回転しやすくさせています。全体像として、内側が細かく、外側へいくにしたがって段々粗くなっていくというような設計をしているのが特徴です。あと、オムニコートって世界的にもオーストラリアに少しあるくらいで、基本的に日本がメインなので、このオムニコート用のデザインは日本のデザイナーが設計しています。日本の学生プレイヤーにむけて、日本で全てテストして商品化しているものになります。
オムニ・クレーのソールパターンに関しては、私たちはスタッドと呼んでますけど、円形のスタッドと十字のクロスをミックスした形にしています。理由は全てが円形のものになると、プレー中コートに引っかかりやすくなり、引っかかり過ぎて怪我をしてしまう、転倒しやすいです。丸の数を減らし過ぎるとソールに不安定感が出てくるので、その安定性を保つために十字を少し入れてあげることで、滑りやすさと滑りにくさを両立しています。この設計はニューバランスだけの特徴です。

(出典:tennis365 – new balance 開発者インタビュー

新しいシューズを履いたばかりのときって、引っ掛かりが強くて怖いときがあるんですが、MCO896は最初から動きやすかったように思います。

僕はネットプレーをする機会が多く、前へと出てグっと止まるときに、つまづいたように急ストップしてしまうことがなく、次のステップへと移りやすかったです。

ひとつ気になる点もお伝えしておくと、タン部分(足の甲とシューズのひもの間のパーツ)がずれやすい気がします。

タン部分もメッシュ素材で軽くてなのがいいところなんですが、軽さゆえに左右にずれてしまって、履いたときにシューズの中でねじれる(?)ことが多いです。

ねじれてしまっても、ひもを結ぶ前に履き直したり調整すればOK

動いているときにずれたりはしませんし、履くときに少し面倒くさいってだけです。

むしろ薄めのメッシュ素材なのに、ひもをガッチリ結んでも甲が痛くならないのはすばらしいポイントだと思います!

夏に向けてシューズを新調しようとしている方など、足に熱気がこもりにくく快適にプレーできる
MCO896″
はオススメです!

オールコート用のMCH896もありますので、一度履いてみてはいかがでしょうか?

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ MCO896 オムニ・クレー用
created by Rinker
NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ MCH896 オールコート用
created by Rinker

どのニューバランスを選べばいいのか

やっぱりニューバランスを選ぶメリットは、ワイズ(横幅)でデザインが変わらないところ!

このデザインだったら良かったのになーって、結構ありますよね。

価格的に見るなら、お求めやすい“696”“796”モデルのどちらかがいいかなと思います。

ただ、「696のデザインがいいんだ」って方でないならば、軽量で耐久性も高い“796”がオススメ。

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ MCH796 オールコート用
created by Rinker
NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ MCO796 オムニ・クレー用
created by Rinker

高いクッション性や耐久性を求めるなら、“996”“FRESH FOAM LAV”でしょうか。

販売時期にもよりますが、この2モデルは実売価格では意外と価格差がないので、“FRESH FOAM LAV”に挑戦してみるのもいいですね!

2019年6月時点では、オレンジ系がオムニ・クレー用、その他の色がオールコート用となっているようです。

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスシューズ FRESH FOAM LAV
created by Rinker

幅広なんだよねっていう方には、4Eがある”996″を選びましょう。

一見わかりにくく思えてしまう、ニューバランスのテニスシューズの見分け方。

でも、一度覚えてしまえば、名前で覚えるより簡単かもしれません。

色やサイズ展開も豊富であり、トップモデルも良い良いシューズが登場したので、この機会にぜひ一度履いてみていただきたいなと思います!