スリクソンのテニスシューズ”アクティベクター”を履いてみた感想! & アプリでできちゃう足型測定を試してみた!

先日アクティベクターの試履きと、cx200の試打と両方を体験できるスペシャルなイベントに参加しました。

アクティベクターは前々から個人的に気になっていたシューズで、ついに試履きして動ける機会を得て感動!

しかし履けたことに興奮して、ブログ用の写真を撮り忘れてしまいました。笑

画像がありませんので、なるべく丁寧にお伝えしていきますね。

cx200シリーズもいいラケットだったので、また後日BX305の比較とともに書きます!
※ 書いたのでぜひ読んでみてください。

後半は、足型測定ができちゃうアプリを発見したので試してみた感想を書いています。

アクティベクターを履いてみた感想

まずは注目のテクノロジーとして、前回も紹介した“VECTOR CARBON Kick Assist”


つま先に内蔵されたブーメラン型カーボンのバネ効果によって蹴り出しの反応を向上させ、切り返しやスタートダッシュを加速させます。
(出典:スリクソンテニスシューズ「アクティベクター」シリーズを新発売

これを体感できるかが気になります。

あとテクノロジーではないのですが面白いなと感じたことがひとつ。

デザインはシンプルながら、正面から見たときと、かかとから見たときで別のシューズのように色が変化していて、写真で見るよりも凝った作りでした!

サイズ感について

横幅は普段履いているソリューションスピード3と同じか少しだけ広めでした。

逆に長さは短めで、普段の27.0cmよりも27.5cmがちょうどよかったです。

全体的にしっかりしているな、というのが履いてみた第一印象。

でも固くはなく、足首周りの支えと履き心地が両立した、いいバランスのシューズだと思います!

実際に履いて動いてみました

たしかに次の一歩が踏み出しやすい!

注目していた反発力があるプレートは、脚を蹴り出しやすくしてくれているような気がしました、、、そんな気がしました。笑

はっきりと分かるほど体感はできませんでしたが、軽快に動きやすかったです。

それ以上にですね、実際に履くことでとてもと良いと感じたテクノロジーがひとつありました!

“Vertical Flexion Sore”というもので、

アウトソールの縦に走る深い屈曲溝が、縦に割れやすいソールを形成して、踏み込む力をロスなく地面に伝えます。

(出典:スリクソンテニスシューズ「アクティベクター」シリーズを新発売

2枚目の画像の方が見やすいですかね、白いつま先の部分のことです。

この部分が黒いソ−ル部分に比べてへこんでいて、少し段差になっています。

そのため、つま先側に軽く体重を乗せるだけで、普通のシューズよりも傾きやすく、小さな力で蹴り出せました!

へこみや段差と聞くとなんだかグラグラしそうですが、極端なものではなく、シューズの元々のグリップ力に引っ掛かる感じを足して強化したテクノロジーと考えてもらえればと思います。

最近のテニスシューズの中では実売価格が控えめですので、ぜひ一度履いてみてください!

SRIXON(スリクソン)テニスシューズ ACTIVECTOR(アクティベクター)AC オールコート
created by Rinker
SRIXON(スリクソン)テニスシューズ ACTIVECTOR(アクティベクター)OC オムニ・クレー
created by Rinker

アプリで足型測定してみよう

このブログでは、シューズを選ぶときにまず自分の足を計測し正しいサイズを知ることが大切、とお伝えしています。

先日は、ヒマラヤなどスポーツ用品店でできる足型計測をご紹介しました!

そして最近いろいろ見ていたら、その足型測定ができちゃうスマホアプリがあるらしく、さっそく試してみました!

今回2つのアプリで使用しましたが、どちらも測定できるのは足長と足幅です。

お手軽な分、気になるのは精度ですよね!

簡単に測れても正しくなかったら意味がないなと思ったので、正しい数字が出ているのかどうか、以前ヒマラヤで足型測定したときのデータを基準とします。

※ 基準となるデータ
足長:左足26.57cm 右足26.59cm
足幅:左足12.32cm 右足12.16cm
→ 測定した足囲を2で割っています

KiBERAビーナスフィット

KiBERAビーナスフィット

KiBERAビーナスフィット

株式会社キビラ無料posted withアプリーチ

運営元は、オーダーをはじめとする女性靴の専門店KiBERA。

アプリの他に必要なものは、A4のコピー用紙1枚です。

アプリを起動すると、概要や利用規約が表示されます。

その後マイページに移り、サイズを測定できるようになります。

画面上に”ログインする”と出ていますが、ログインしなくてもサイズ計測はできるみたいなので続行。

気になる測定方法ですが、壁際にコピー用紙を置き、用紙の上に足を載せてカメラで撮影する形です。

さっそく右足から測っていきますが、まず先に失敗例を載せておきますね。

これだと少し遠いみたいで、このような画面が表示されます。

足が画面全体に用紙が来るように、調整してみてください。

この左足を測ったときくらいで写せると、うまく認識してくれました!

これ実際にやっていただくとわかるのですが、写真を取る姿勢が難しいです。笑

ちょっとヨガっぽいというか、後ろ側に壁あるので背中を反らすことはできないので、前に屈みつつ、いい位置を探ってください!

なんやかんやで測定した結果がこちら。

足長も足幅も、少し小さめのサイズで測定されていますね。

では次のアプリを試してみます。

MOBILE FOOT ID

MOBILE FOOT ID

MOBILE FOOT ID

ASICS Corporation無料posted withアプリーチ

こちらのアプリはアシックスが運営しています。

最初にASICS IDでログインする必要がありますが、アシックスの公式オンラインショップで買い物をしたことがある方やニュースレターを受信している方は、そのままログインすればOK。

足のサイズだけのために登録するのはちょっと面倒くさく感じますが、公式オンラインストアで使えるクーポンやセール情報が届く、お得なメールマガジンが受信できるので、登録してみるのをおすすめします!

ログインを終えると、さっそく計測画面に移ります。

MOBILE FOOT IDも同じようにA4のコピー用紙1枚を使いますが、こちらは縦に折りたたみ、中心線を作る必要があります。

こちらもなかなか難しい姿勢になりますが、こんな感じでガイドが出るので、わかりやすいかと。

計測結果はこちら

こちらは逆に大きく出ましたね。

大きく出るなら、誤差を利用して同じ大きさののシューズ(この場合は27.0cm)を買うとちょうどいいかな…?

いずれにせよ、おおよその参考にはなるものの、きっちりしたサイズとして扱うには少し物足りない感じがしました。

アプリといえど、人の手による角度や写し方によって多少のズレが出てしまうのは仕方ありません。

また近い内に、どちらのアプリも10回ずつ測定してみて、精度の幅を検証してみます!

今言えるのは、現状ではやはり店舗でしっかり測定したり、購入する前に試履きしてみるのがオススメ!

怪我の予防やのためにも、シューズ選びはじっくり行いましょう。

—————————————–

この前ニュースでちらっと見たのですが、NIKEも公式アプリに足のサイズを測定できる機能を追加するそうです。

日本での導入はまだ未定ですが、そちらもリリースされしだい試してみようと思います!