シューズ

AG-LT21 ULTRAのレビュー【テニスシューズ観察記 #37】

このシューズの特徴
  • ファッショナブルなカラーリング
  • 足の形に沿うフィット感
  • コートを選ばないマルチなグリップ性能

今回紹介するAG-LT21 ULTRAは、今どきのテニスシューズらしい機能性とラコステらしい上品な見た目を両立させたテニスシューズです。

▼関連記事

【2021】おすすめのテニスシューズ12選と選び方を元店員が解説!(幅広・レディース・部活動)

テニスシューズの履き方を3ステップで紹介!【フットワーク向上・ケガ予防】

注目ポイントは、フィット感の向上させるスプリットタン!


AG-LT21 ULTRAのタンは、アシックスのスニーカー「GEL-LYTE III」のように、左右に別れたスプリットタン形状になっています。

スプリットタンは、靴ひもによる締めつけの影響を受けにくいため、包み込むようなフィット感が得やすいです!

最近どのメーカーも、いろいろなタン形状を出しているので、個人的に履くとき一番楽しみな部分です

また、アッパーは薄手となっていて、通気性を確保しながら、必要な部分にしっかり耐久性を持たせてありますね。

クッションによるフィット感ではなく、足に沿わせる感じがスピードFF2 / NOVAKに似てます。

テニスシューズとしての機能性をもたせつつ、アパレルブランドらしい、スマートな見た目のシューズに仕上がっていますね

アウトソールは「セパレート」で、動き出しが軽い

アウトソールは、ミッドソールのクッション部分も含めて、かなり大胆なセパレート!

グリップ力の肝となるゴムは、世界有数のタイヤメーカー「グッドイヤー」製となっています。

ソールパターンは、マルチコートとしても使えるウーバーソニック4とほぼ同じタイプなのも見逃せません。

オムニコートで履いても、よくあるオールコート用テニスシューズよりもグリップ力がしっかりしていました

サイズ・カラー展開

サイズは、

メンズが「25.0-28.5cm」
レディースが「22.5-24.5cm」

で、オールコート用のみを展開中。

カラーは、

  • ホワイト×ブルー(メンズのみ)
  • ホワイト×グリーン
  • ホワイト×グレー
  • ブラック×イエロー(メンズのみ)

のラインナップとなっています。

そして、新色として、少し色合いを変えた

  • ホワイト×ブルー
  • ホワイト×グリーン

も販売されています。

こちらは、靴ひもが平ひも→丸ひもになるなど、細かい調整が加えられています。

ラコステらしい上品なカラーは必見です!

オールコートモデルはこちら

実際に履いてみると、履きごこちのよさと走りやすさが印象的でした

シューズ重量は、386g。公式サイトでは「26.0cmで420g」とのことでしたが、予想以上に軽くてびっくり!

横幅は標準よりやや広い感じで、ヨネックスに似てるかなと。

逆にかかと部分は小さめと言いますか、サポートがしっかりしているのでニューバランスに近い感じがします!

好きって人は多そうです

動いてみると、いい意味でテニスシューズっぽくない、横にも動けるランニングシューズを履いているようでした!

ミッドソールに搭載されている「Pebaxプレート」の反発性は、特別高いとは思わなかったけど、次への一歩が軽いです!

グリップ力の高さも相まって、疲れにくくボールを追いやすいのが特徴的かなーと!

練習から試合まで、長時間のプレー向きな一足だと思います

レビューまとめ(AG-LT21 ULTRAがオススメの人)

AG-LT21 ULTRAは、フィット感・耐久性を備えながら、アパレルブランドならではのファッション性を持ったテニスシューズだと感じました。

  • 履きごこちも見た目もスマートテニスシューズをお探しの人
  • 体力を武器に、粘り強くプレーする人

にオススメします!

▼オールコートモデルはこちら

似たシューズの紹介

スピードFF2 / NOVAK
足の形に沿ってフィットする感じがよく似ています。
横幅が標準よりやや細めで、耐久性がさらに高いのが「スピードFF2 / NOVAK」です。

横幅が標準よりやや広めで、長時間履いていても疲れにくいのが今回の「AG-LT21 ULTRA」かなと!