シューズ

アシックスのテニスシューズを履き比べてみた感想!「SOLUTION SPEED FF」「GEL-RESOLUTION」「COURT FF」

今回は、アシックスのテニスシューズを3種類履き比べてみた感想を書いていきます。

アシックスのテニスシューズは人気が高く、練習コートに行くと履いている方が多いですね!

プロでも「あれ、この人アシックスだったっけ?」と、いつの間にかシューズだけアシックスを使っている選手もいるので、きっと評判が高いんでしょうね。

そんなアシックスのシューズですが、トップモデルが3種類ありまして、それぞれデザインと機能から見ていきます!

アシックスのテニスシューズのモデルの特徴と履いた感想

SOLUTION SPEED FF OC(ソリューションスピードFF)

今回の中では最軽量モデルです!(27.0cmで約330g

作りもシャープといいますか、フィット感がいいですね。

前作のソリューションスピードから名前に“FF”が追加されました。

FFとは“フライトフォーム”という、アシックスが開発した新素材のことです。

それが、ミッドソールに搭載されたことにより、軽量かつクッション性が高くなりました!

アッパーも耐久性の向上のため素材が変わりまして、フィット感を高めつつも、屈曲しやすくなっているようです。

アウトソールはセパレートタイプ(つま先とかかとの間の中足部が独立している形状のもの)。

ソールのパターンも、一部に人気のあるオムニコート専用シューズ”オムニテレイン”と同じになったので、グリップ力も向上しています。

また、TWISTRUSS(ツイストラス)という補強材が新しく搭載され、斜めに入れることで蹴り出しと捻れに強くなりました。

せっかくなので、以前まで履いていたソリューションスピード3と比較してみるとこんな感じ。

他にも細かい点が結構変わってまして、試し履きした時点で僕が一番変わったなと感じたのは、タンと言われる部分とかかと周りのクッション性が良くなったこと。

これは以前スピードを履いていた人ほど感じると思います。

軽量化しつつも履いた感じが優しくなったのが、とても良かったです。

ひとつ気になる点を挙げておくと、甲に当たる部分の作りが、ちょっと雑?といいますか、ゴワゴワ感が気になるかも。

靴下を履くので、ほとんどの方は大丈夫と思いますが、薄手の靴下が好きな人は注意です!

感想まとめ

他のモデルと比べて少しタイトな感じはしますが、動きを妨げないフィット感と、一歩が速くなるような軽さが特徴です!

ダブルスでサービスダッシュなどが縦の動きが多い人に、軽量と耐久性が両立した”SOLUTION SPEED FF”はいかがでしょうか?

オムニ・クレー用

オールコート用

GEL-RESOLUTION 7 OC(ゲルレゾリューション)

重さは、27.0cmで約380g。

今回のモデルの中では、唯一のフラットタイプのアウトソールです。

スピードFFと比較すると、こんな感じ。

フラットソールとセパレートソールの違いですが、安定感が高いのはフラットタイプですね。

ただ、その分シューズを蹴り出すときに屈曲させるのに、パワーが必要になるように思います。

逆に、セパレートタイプは接地面が少なくなるものの、蹴り出す力を補助してくれるようなイメージ!

安定感かスピード感か、どちらを求めるかによりますが、筋力が少なく動きが遅くなりがちな僕は、セパレートが好きです。

セパレートタイプの方が、足取りが軽く感じるんですよね〜

ただ、今回のモデルにも言えますが、クッション性を求めていたり、試合や練習などで長時間履くなら、フラットタイプがベストかなと思います!

それが、レゾリューション7なら、なおのこと。

スタビリティ(安定性)が特徴であるレゾリューションは、履いていて安心感があります。

一歩一歩を確実に踏み込めるよう、アウトソールの範囲も広いです!
スピードFFとの内側の作りの比較。

気になったことを挙げておくと、靴紐がなぜか短いんです。

一番上まで通す方法だと足りなくなったので、しっかり履きたい方はきっと交換したほうがいいですよ。

感想まとめ

ペタペタと音が聞こえてきそうなくらい、シューズが地面に吸い付くような安定感。

まさにキングオブテニスシューズといっても過言じゃない。

ランニングシューズでいうGT-2000のような、とりあえずこれ履いときゃ間違いないシューズです!

オムニ・クレー用

オールコート用

COURT FF NOVAK(コートFF)

重さは、27.0cmで約390g。

ただ、本当にこの重量あるのってくらい軽く感じます!(体感としては、レゾリューション7より軽く感じました)

個人的に大好きなシュータン一体型なんですよねー

このタイプは軽く感じやすいのかもしれません。

FFと名前がついている通り、”フライトフォーム”が搭載されています。

全体的な作りは硬めです、でも以前のジョコビッチモデルだったアディダスのノバクプロよりもだいぶ優しいですよ!

そして、COURT FF 2との違いですが、デザイン以外は共通だと思うので、好きなデザインで選びましょう!

このシューズで一番目立つところは、シューズ内側の補強がアウトソールから繋がってきているところじゃないでしょうか。

ここまで補強されていると、もはや補強というかスライドすること前提で作られているレベルです。笑

シューズの重量や価格の面から見ると、コートFF2>レゾリューション7ですが、作りとしては、レゾリューション7の上位モデルと言うより、スピードFFの延長線上にあるモデルかなと思います!

理由として、アウトソールがセパレートタイプであること。

次に、かかと周りの作りをみても、クッション性を重視しているわけではなさそうなこと。

なので、ソリューションスピードFFの耐久性をアップさせたのが、コートFF2なのかなと感じました!

気になる点は、靴紐が細いタイプなんですよね。紐自体の耐久性や解けにくさが低くなるような気がします。

紐を通す穴が細いわけじゃないので、ほかの靴紐にでも簡単に変えられますが。

もう一点は、シューズを屈曲させたときにペコペコなること。

紐を下から締め直せば、ある程度改善されますが、おそらくアッパーの素材が固め+屈曲しやすいラインが決まっているので、そのラインと実際に足が屈曲する部分がずれるとペコペコなってしまうのかも。

そういう点もあって、コートFF2はシンデレラフィットといいますか、人を選ぶようなシューズの予感…!

感想まとめ

スピードFFの軽やかさをなるべく維持しつつ、全体的に耐久性をアップさせた印象。

コートを所狭しとガシガシ走り回る人にぴったりなシューズだと思います!

合う人はものすごく合うシューズだと思うので、ぜひ一度試し履きしてほしいです!

オムニ・クレー用

ASICS(アシックス)コートFF 2OC (オムニ・クレー用)

オールコート用

ASICS(アシックス)コートFF 2
created by Rinker

AmazonのPrime Wardrobeはテニスシューズ選びに使えそう!

今回テニスシューズを試し履きするにあたって、Amazonの「Prime Wardrobe」というサービスを利用してみました!

このサービスの仕組みを簡単に説明しますと、

こういったこういったの表記がある商品を2〜6点選んで、自宅に配送してもらい、実物を確認したり試着したりできるんです!

その中で気に入ったものがあれば、そのまま購入できますし、合わなければ着払いにて返送できるので、金銭的な負担はありません。

僕の場合は、違うシューズの27.0cmを3つ注文しましたが、買うシューズは決まっているけどサイズ感に不安があるなら、26.5・27.0・27.5cmと注文して、履き比べることもできますね!

対象商品はテニスシューズだけでなく、カジュアルウェアやスニーカー、バッグ、腕時計などを選べますし、6点以内なら組み合わせも自由です!

Amazonで購入を検討されている方は、お試しください。

注文から返送までの流れ

注文の流れ

まずは、商品の詳細ページで、カラーとサイズを決定します。

普通に注文するのであれば、カートに追加すればいいのですが、prime wardrobeを利用する場合は、「Prime Wardrobe カートに追加」を選びます!

そうすると、いつものカートとは別に、”Prime Wardrobeカート”に商品が追加されます。

ほかにも気になる商品を、2-6点までカートに入れることができますよ。

あとは、いつも購入するのと同じように発送手続きをすれば、注文完了です!

届いた日から、7日間お試しできます!

返送の流れ

商品を試したあとは、注文履歴のページから返送手続きをします。

商品を購入するのか、しない場合は合わなかった理由を選択して、手続きを済ませます。

あとは、届いたときの段ボールに商品と、同梱されていた”注文明細書”を入れて封をします。

同じく同梱されていた、着払い用紙を貼って、近くのコンビニやヤマトの営業所から発送しましょう!

無事に返送できれば、Amazonから受け取り確認のメールが届くので、返送終了です。

返送する期日が近づくとメールが届くのですが、そこにも書かれている通り、期間内に手続きを完了しないと、すべて購入するとみなされるので気をつけましょう(注文した商品の合計金額が引き落としになります)。

ほかにも、いくつか注意点をあげておきます。

・発送時の支払い手続きは、クレジットかデビットのみ(といってもこの時点では、支払いの請求は発生しません)
・同じ商品でも、カラーやサイズによって、Prime Wardrobeの対象外の場合もある
・あくまで試着できるサービスなので、商品のタグを取ったり、屋外で使用した場合は買取となる

逆に、この辺りにさえ気をつければ、通販では難しかった試着を無料で試せるので、近くに試せるお店がない方にとって、とても便利なサービスだと思います!

まとめ

プロでもアマチュアでも使用率の高いアシックスのテニスシューズですが、やっぱり機能性や履き心地など優れている部分が多いと、改めて感じました!

気になる点もいくつかありましたが、この辺りは、次のモデルチェンジでしっかり対応してくるのではと思います。

アアシックスに限らず、テニスシューズはラケットに比べてモデルチェンジで”ガラッ”と変わることが多いので。

これから初めてテニスシューズを買われる方や、次どのシューズを買うか迷っている方のために、各モデルの特徴を簡単にまとめておきます!

ぜひ一度アシックスのシューズを試してみてください!

記事をご覧いただき、ありがとうございました!
この記事と同じカテゴリーを見たい方はこちらからどうぞ。
テニスマテリアルの人気記事ランキングはこちらです!

お知らせ
関連記事