シューズ

アシックスのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「PRESTIGELYTE3」「SOLUTION SPEED FF2」「GEL-RESOLUTION8」「COURT FF2」

アシックスのテニスシューズは人気が高く、練習コートに行くと履いている人が多いですよね!

プロでも「あれ、この人アシックスだったっけ?」と、いつの間にかシューズだけアシックスを使っている選手もいたりと、世界的にも評価されています。

そんなアシックスのテニスシューズですが、上位モデルを4種類展開中。

  • プレステージライト3
  • ソリューションスピードFF2
  • ゲルレゾリューション8
  • コートFF 2/NOVAK

それぞれのサイズ感や注目ポイントなど、履き比べてみた感想をお届けします。

通気性もよく、軽い足取りで快適にプレーできる「プレステージライト3」

プレステージライト3のサイズ感

プレステージライト3は、全テニスシューズの中で最軽量の部類に入ります!(27.0cmで298g)

かかと周りもスッキリと履きやすく、いやな圧迫感もありません。

サポート力も、そこまで激しくプレーする人でなければ、必要十分なレベルに達しています。

プレステージライト3のポイント

ほかのアシックスのモデルに比べて、メッシュ素材を多く採用。

通気性がよく、それでいて、消耗しやすい箇所にはバッチリ補強されていますよ。

また、アウトソールのパターンも、次への一歩が軽い「セパレート」タイプ。

反発性が高められているので、快適にプレーしやすくなっています。

 

ちょっとだけ気になった点

軽さを追求しているモデルのため、耐久性に関しては、そこまで高くありません。

土日やテニススクールで週に1,2回プレーするくらいであれば問題ありませんが、部活動などでゴリゴリにテニスする人には、物足りなく感じるかも。

また、このプレステージライト3は、オールコート用モデルはなく、「オムニ・クレー用モデル」のみとなっているので、ご注意を。

週に何度もプレーする場合や、オールコート用が必要な人は、次に紹介する「ソリューションスピードFF2」のほうがいいかも

 

プレステージライト3の評価・感想まとめ(オススメできる人)


プレステージライト3は、必要十分なサポート力とすばらしい軽量性で、パワーがなくてもプレーしやすいテニスシューズです。

ワイドモデルもあるので、これからテニスを始める人から、プレー頻度がそこまで高くない人まで、おすすめできる履きやすさですよ。

オムニ・クレーコート用はこちら

軽量モデルながら、動きのサポートもしっかりしている「ソリューションスピードFF2」

ソリューションスピードFF2のサイズ感

シューズ重量は、27.0cmで337gと軽め。

前作のソリューションスピードFFと比べて、横幅は少し狭くなったようにも感じます。

というのも、アッパー素材が分厚くなり、サポート製・耐久性が高められたからかと。

履いた感覚は変わりないのですが、実際に動いたときにしっかり支えてくれました。

 

ソリューションスピードFF2のポイント

名前の最後につく「FF」は、アシックスが新たに開発した新素材の「フライトフォーム」。

軽量性とクッション性を両立しているのが特徴で、ミッドソールに搭載されています。

 

アウトソールは「セパレート」で、オムニコート専用のソールパターンが使われているので、グリップ力も高いです!

また、補強材のTWISTRUSS(ツイストラス)も搭載され、蹴り出しとねじれに強くなりました。

 

ちょっとだけ気になった点

また、アッパーが硬くなったことで、蹴り出すときなどシューズが屈曲したときに「ペコペコ」なるんですよね。

これはシューズが屈曲するラインが決まっている(以前のモデルほど柔軟ではない)のが理由かなと。

そのラインと実際に足が曲がる部分がずれることで、想定されていない部分が曲がるとペコペコしちゃう気がします。

対策として、かかとをしっかり合わせて履くことを意識してみてください。

あとは履き慣らすことでも解消されていきますよ

 

ソリューションスピードFF2の評価・感想まとめ(オススメできる人)


ソリューションスピードFF2は、動きをサポートするフィット感と、一歩が速くなるような軽さが特徴のテニスシューズです。

他のモデルと比べて少しタイトな感じはしますが、今時のプレースタイルに合った耐久性を手に入れたと思います。

ダブルスでサービスダッシュなどが縦の動きが多い人にオススメです!

オールコート用はこちら

オムニ・クレーコート用はこちら

安定性とクッション性のどちらにも優れた「ゲルレゾリューション8」

ゲルレゾリューション8のサイズ感

シューズの重さは、389g。

横幅は、ソリューションスピードFFよりも余裕がありました。

土踏まずあたりから、つま先にかけて、全体的に広くなっている感じです。

あとは、ライニング(シューズ内側の素材)の肌触りがよく、履いていて心地いい。

それでいて、かかと周りは懐が深いフィット感に優れています。

 

レゾリューション8のポイント

レゾリューション8になって新しく追加されたのが、
「DYNAWALL(=ダイナウォール)」

「ダイナウォール」は、シューズ外側に大きめの樹脂パーツを搭載し、左右への切り返すとき、足をしっかり支えてくれます。

パワーロスが少なくなるので、効率のいい動きにも繋がり、長時間のプレーでも疲れにくいです。

 

ちょっとだけ気になった点

このシューズに関しては、ほぼ欠点はないのですが、強いてあげるとすれば、アッパーが硬いことによる「ペコペコ感」。

ただし、ほかのモデルと比べて、かなり改善されています。

おそらく最初の数回で、自分の足に馴染んでくるのではないかなーと。

 

レゾリューション8の評価・感想まとめ(オススメできる人)


ゲルレゾリューション8は、長時間のプレーでも安定して動けるテニスシューズです。

もともと優れたシューズだった「レゾリューション7」から、さらに完成度の高いモデルへと進化しました!

クッション性と反発性のバランスがよく、特にシングルスに向いていますよ。

毎日激しくプレーする人から、始めたばかりの初心者の人にも、すべての人にオススメしたいキングオブテニスシューズです。

オールコート用はこちら

ASICS(アシックス)GEL-RESOLUTION 8

オムニ・クレー用はこちら

ASICS(アシックス)GEL-RESOLUTION 8 OC(オムニ・クレー用)

しっかり走って、ガッチリ守れる「コートFF 2 / NOVAK」

コートFF 2 / NOVAKのサイズ感

重さは、27.0cmで392g。

レゾリューション8と、ほぼ同じですが、こちらのほうが軽く感じます。

個人的に大好きな「シュータン一体型」で、フィット感が高いのも関係あるかもしれませんね。

横幅は、ソリューションスピードFFと似ていて広くはないです。

アッパーを含め、全体的に固めの作りなので、包む感じの履きごこちではありません。

かかと周りはぴったり収まるものの、柔らかい感じではないので、好き嫌いが分かれる部分かなと(僕は好きです)。

 

コートFF 2/NOVAKのポイント


コートFF 2/NOVAKで目を引くところは、シューズ内側の補強がアウトソールから繋がってきているところ!

ここまで補強されていると、穴が空きやすい人でも安心。

というか、もはや安全ですね。笑

また、コートFF 2/NOVAKの最大の特徴は、アウトソールが「セパレートタイプ」なことかと。
()

安定性を重視するガッチリ系モデルは、ほとんどがフラットタイプなんですが、コートFF 2/NOVAKは、セパレートタイプを使用し、反発性を重視!

それと合わせて、ソリューションスピードFF2と同じく、TWISTRUSS(ツイストラス)が採用されているのもポイントです。

この2つの機能性により、ガッチリ系ながら、スピード感のあるモデルに仕上がっていますよ!

「コートFF 2/NOVAK」は、「ソリューションスピードFF」の耐久性をさらにアップさせたモデルかなと考えています。

 

ちょっとだけ気になった点

気になる点は、シューレース(靴ひも)が細いタイプなんですよね。

テンションをかけて結びにくくなったり、解けやすかったりしそうなのが気になるところ。

アシックスから販売されている「パワーホールドシューレース」に変更すると、さらに履きごこちが良くなりそうですね。

▼参考:「パワーホールドシューレース」はこちらで紹介しています
テニスシューズの履き方3ステップで紹介!【フットワーク向上・ケガ予防】

 

コートFF 2/NOVAKの評価・感想まとめ(オススメできる人)

コートFF 2/NOVAKは、高耐久ながら動き出しのスピードに優れたテニスシューズです。

ソリューションスピードFFの軽やかさをなるべく維持しつつ、全体的に耐久性をアップさせた印象。

コートをガシガシ走り回る人に、ぴったりなシューズだと思います!

ちなみに、「コートFF 2」と「コートFF NOVAK」の作りは共通で、機能性などに違いはありません。

ただし、「コートFF 2」にはオールコート・オムニ・クレーの両モデルがありますが、「コートFF NOVAK」はオールコート用のみの展開なので、ご注意ください。

オールコート用はこちら

オムニ・クレー用はこちら

ASICS(アシックス)コートFF 2OC (オムニ・クレー用)

アシックスのテニスシューズを履き比べてみた感想まとめ

アシックスのテニスシューズは、どのシューズを履いてみても、完成度の高さが素晴らしいです。

迷ったらアシックスと言っても過言ではないほど、どれを選んでも間違いないでしょう!

一方で、アッパーの硬さが気になる人もいますよね。

ほかのメーカーからも、似たようなコンセプトのシューズが出ているので、そちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ほかのメーカーの履き比べもチェック!

ヨネックスのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「エアラスダッシュ3」「ソニケージ2」「フュージョンレブ4」「エクリプション3」

ニューバランスのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「MCH/MCO 896」「FUEL CELL 996」「FRESH FOAM LAV」

ウイルソンのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「KAOS 3.0」「KAOS 3.0 SFT」「RUSH PRO 3.0」「AMPLIFEEL 2.0」

テニスシューズの人気メーカーとシューズラインナップのまとめ【随時更新中】

関連記事