ラケット

ボックス形状ラケットを偏愛する男のインプレ・評価まとめ

みなさんは、どんな目的を持ってテニスをしていますか?

「試合で勝つため」・「みんなでワイワイ楽しむため」などなど、いろいろあると思いますが、目的によって道具選びも変わりますよね。

テニスラケットで言えば、「勝てるラケット」なのか「打ってて気持ちいいラケット」なのか。

僕はどっちも諦めたくない性分で、打感がよくて飛びもいい「ボックス形状のテニスラケット」を探し回っています!

なので、この記事ではピュアドライブなどのラウンド形状のテニスラケットは取り上げず、ボックス形状のテニスラケットに絞って、インプレ・比較・感想を紹介していきます!

気になるところをタップ

ボックス形状のテニスラケットとは、しなり感があり柔らかな打球感をもたらすラケット


そもそもボックス形状とは、テニスラケットのフレーム断面形状の一種です。

  • フレームに角があり、四角くなっている = ボックス形状
  • フレームに角がなく、楕円形になっている = ラウンド形状

という違いがあります。

ボックス(=箱型)形状は「ボールの打感」がいい


ボックス形状は、ボールを打ったときの感覚に優れています。

ボールが当たった瞬間にフレームがしなるため、一度ラケットにくっついてから飛んでいくような感覚。

そのため、ボールをコントロールしやすく、狙ったところに打てるのがポイント。

 

ラウンド(=円形)形状は「ボールの飛び」がいい


一方で、ラウンド形状は、ボールを飛ばすパワーに優れています。

ボールが当たってもフレームはしならず、弾くように飛んでいく感覚。

そのため、スピードのあるボール<を打ちやすく、相手の時間を奪えるのがポイント。

 

なぜボックス形状のテニスラケットの心惹かれるのか

ボックス形状の魅力である打感をもたらす「しなり」ですが、言い方を変えれば、

  • ラケットの「ぶれ」につながる
  • パワーをロスしている

というデメリットもあります。

それでも僕がボックス形状のテニスラケットを選びたいのは「打ったボールの感触を正確に知りたい」から。

パワーロスしにくいラウンド形状は、少ない力でもボールを飛ばせますが、ボールがどう当たったのかわかりにくい傾向があります

 

ボールスピードだけで言えば、ラウンド形状には敵わないことは事実。

ただ、フレームに使われる素材や製作技術の進化によって「ボックス=飛ばない」というデメリットも解消しつつあります。

というのも、最近はボックス形状の中でも、

  • 角が丸めのボックス
  • 半分ボックス+半分ラウンドで「アルファベットのD」みたいな形状

も登場しています。

また、「部分的にボックス」+「部分的にラウンド」と組み合わさったモデルも見かけますね。

打感の良さはキープしたまま、ボールの飛びがアップしたテニスラケットがあるなら、それを選びたい!

なので、打感のいいボックス形状のテニスラケットに絞って、飛びの良さやスピン性能などを比較したインプレ・感想を書いていきます!

個人的な感想になりますが、評価基準についてはこちらをご覧ください。

【評価基準】普段のラケットとプレースタイル

▼基準となるラケット
BRIDGESTONE VX305

ストローク

ネットプレー

サービス

  • 過度な特徴のないノーマルな性能
  • パワーもスピンもそれなり
  • ボレーやスライスのノリ感がGOOD

▼プレースタイル

▼評価基準

【ストローク】
パワーよりも安定感
ミスせず打ち続けられる

【ネットプレー】
掴む感覚がある
ボールの深さ調整がしやすい

【サービス】
十分なスピン性能がある
自信を持ってセカンドを打てる

を重視し「VX305」と比較して評価をつけています!

オールラウンダーにオススメのボックス形状のテニスラケット

ブリヂストン「VX305」

ストローク

ネットプレー

サービス

VX305の魅力

ブリヂストン「VX305」は、「ただ単純に、ありのままの実力でテニスができる」テニスラケットだと感じました。

わずかな弾き感があるので、最低限のアシストはありますが、どちらかというと飛ばないラケット。

サーブに関してはけっこう飛んでくれるので、ファーストサーブのフラット・スライス、セカンドサーブのスピンともに、安心して振り切れます。

スライスのノリ感やボレーのしやすさが気に入っています

「ボールを掴みつつ、ちょっとだけアシストが欲しい 」なプレーヤーにオススメ!

しばらく使い続けていることもあり、扱いやすさはピカイチ。

ただ、ものすごくノーマルな性能+評価基準ということで、すべて「3」としました。

2014年モデルなので在庫がない可能性大。その場合は、打感が少しマイルドになった後継機「VI305」がオススメです!

VX305の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ブリヂストン X-BLADE VX305を使い続けてきた感想・インプレ【#究極のノーマル】

ヨネックス「VCORE PRO 100(2019)」

ストローク

ネットプレー

サービス

VCORE PRO 100(2019)の魅力

ヨネックス「VCORE PRO 100(2019)」は、「安定感重視で、いろんなショットを打ち分けられる」テニスラケットだと感じました。

ボックス形状の中で、つかむ感じもありつつ、ちょっとだけ弾き感があります。

なので、スピードがあるボールや高弾道なスピンボールなど、いろいろなボールが打ちやすいです!

ストロークで、ボールが短くなりにくいのが◎

「相手のパワーを利用して、じっくりストロークをしたい 」なプレーヤーにオススメ!

ボックス形状ならではの打感と適度に弾く感覚が合わさって、安定感のあるスピンボールが打ちやすかったです。

いろいろなボールが打てる器用さが魅力なので、戦略的なストローカーにはたまらないかと。

受け手になってみても、いいボールが来るなと感じたので、質の高いボールを打ちたい人にオススメです!

VCORE PRO 100(2019)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ヨネックスのVCOREPRO 100のインプレ・感想【#懐の深さは無限大】

ウイルソン「BLADE 100(V7.0)」

ストローク

ネットプレー

サービス

BLADE 100(V7.0)の魅力

ウイルソン「BLADE 100(V7.0)」は、「ショットの安定感に優れ、自分の組み立てたプレーができる」テニスラケットだと感じました。

100インチになったことでボールが飛ぶようになり、扱いやすいモデルに仕上がっています。

コントロール性能が高く、どんなプレーにも対応できるクセの無さが特徴。

回転系サーブ(スライス・スピン)でも減速しにくく、狙ったところに打ちやすかったです

「これから自分のテニスの可能性を広げていきたい 」なプレーヤーにオススメ!

自分が意図したとおりにボールコントロールしやすいのがポイント。

ショットが安定することで堅実なプレーできるので、試合によく出る人向きではないかと。

98のコントロール性能をできるかぎり維持しつつ、パワーアシストのあるラケットです!

BLADE 100(V7.0)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ウイルソン ブレード98(16×19)/100のインプレ・感想【#テニスを整える】

テクニファイバー「T-FIGHT RS 300」

ストローク

ネットプレー

サービス

T-FIGHT RS 300の魅力

テクニファイバー「T-FIGHT RS 300」は、「ガット次第で七変化する」テニスラケットだと感じました。

すごく飛ぶわけでも飛ばないわけでもない、使う人を選ばない普遍性が魅力。

フレームの質が高く癖がないので、ガットの選び方次第では、もっと飛ばしたりスピンをかけやすくしたりカスタマイズがしやすいと感じました!

もし、お気に入りのガットがあるなら、それを張ることで存分に良さを味わえると思います

「最良のカスタマイズを追い求めたい 」なプレーヤーにオススメ!

それなりに飛び、スピンもかけられる。サーブもそつなくこなせるので、自分の地力を高めていくのにピッタリのラケットかと。

コントロール性能がベースに、自分だけのラケットを作り上げていく楽しみもあるのではないでしょうか。

アルパワーなどのパワフルなガットを張るとボールの威力も出せるラケットになる気がします!

T-FIGHT RS 300の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

テクニファイバーのT-FIGHT RS 300のインプレ・感想【#ニューノーマルの予感】

ヘッド「RADICAL MP(GRAPHENE 360+ )」

ストローク

ネットプレー

サービス

RADICAL MP(GRAPHENE 360+ )の魅力

ヘッド「RADICAL MP(GRAPHENE 360+ )」は、「手に伝わる情報量が豊富な」テニスラケットだと感じました。

打感が”シンプル”になったと言いますか、ボールの感触を感じやすく、打ったときの感覚とボールの飛びが一致しやすいです。

勝手に飛んでいくほどの力強さはないものの、自分から打っていくにも速いボールを打ち返すにも、困ることがないパワーはあります。

ストローク・サーブともに、スピン系との相性がいいのも魅力です

「ボールの組み立てで勝負したい 」なプレーヤーにオススメ!

絶妙なパワー性能があり、攻めるにも守るにも心強い。

サーブの打ちやすさも、試合に出る人にとってアドバンテージになるかと。

自分の目指すプレーを助けてくれるラケットが欲しい人は一度打つべきラケットです!

RADICAL MP(GRAPHENE 360+ )の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ヘッドのGRAPHERE360+ ラジカルMPのインプレ・感想【#頭脳プレー始めました】

ダンロップ「CX200」

ストローク

ネットプレー

サービス

CX200の魅力

ダンロップ「CX200」は、「自分のペースでボールを打ちやすい」テニスラケットだと感じました。

自分の技術をアシストしてくれるというよりも、しっかり応えて表現してくれるのが魅力。

しなり感があるので掴んで飛ばす感覚もあり、相手の速いボールもしっかり受け止められます。

個人的にスライスサーブがとても打ちやすいのがお気に入りです

「自分のテニスをどんどんレベルアップしていきたい 」なプレーヤーにオススメ!

大きなアシストはないものの、安定感が光るテニスラケット。

打ちごたえは抜群なので、自分からしっかり打っていきたい人と相性がよく感じました。

競技者から愛されている印象があり、プレーのレベルアップをしていきたい人の相棒となってくれる一本ではないでしょうか。

CX200の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ダンロップ「CX200」のインプレ・感想【#あちらを立ててこちらも立たす】

ウイルソン「BLADE 100(V8.0)」

ストローク

ネットプレー

サービス

BLADE 100(V8.0)の魅力

ウイルソン「BLADE 100(V8.0)」は、「コントロール性に加えて力強さもある」テニスラケットだと感じました。

しなりを感じつつも、フレームがしっかりしているのが印象的!

構えて打てれば力強いボールが飛び、追いかけて打つときもボールをしっかり返球できます。

ストローク・ボレー・サーブすべてで、ボールスピードが落ちにくく感じました!

「試合に出てどんどんプレーしたい 」なプレーヤーにオススメ!

特別なアピールポイントはないけど、苦手なショットもないオールラウンダーな性能!

一球一球を打つ負担が少ないし、決めるべきところで決めきれるパワーもあります。

幅広い人に合う寛大さを踏まえて、最近のラケットの中で一番の完成度を誇っているかと!

BLADE 100(V8.0)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ウイルソン「BLADE100(V8.0)」のインプレ・感想【#きっちり、しっかり】

ストローカーにおすすめのボックス形状のテニスラケット

ブリヂストン「BX300」

ストローク

ネットプレー

サービス

BX300の魅力

ブリヂストン「BX300」は、「コントロール性・タッチ感に優れた」テニスラケットだと感じました。

なんといっても、打感がすばらしい。手に伝わる感触はクリアで、硬さや振動ががほとんどありません。

フレームは確かにしなるのに、ボールの飛びが予想以上にいいのがお気に入りポイント!

「かっちりしたフレーム」と「ガットがたわむ感じ」の塩梅がいいのです

「快適な打感と道具選びにこだわる 」なプレーヤーにオススメ!

かんたんにプレーできるラケットではないですが、今まで打ってきたラケットの中で、一番好きな打感です。

打ったこともない人も多いと思うので、他社のラケットで例えてみると「打感をマイルドにして、飛びを抑えたピュアストライク」・「しなりを減らして、やや弾き感をプラスしたブレード」のイメージになるかなと。

すべてのショットがバランスよく打てるので、打感の気持ちよさを求める人は検討してみてください。

BX300の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ブリヂストン BX305/BX300の感想・インプレ【#至高の打感】

ヘッド「PRESTIGE TOUR(GRAPHENE 360+ )」

ストローク

ネットプレー

サービス

PRESTIGE TOUR(GRAPHENE 360+ )の魅力

ヘッド「PRESTIGE TOUR(GRAPHENE 360+ )」は、「早いタイミングでガンガンスイングして攻められる」テニスラケットだと感じました。

プレステージらしい柔らかな打感は健在。フルキャップグロメットのならではの「掴んで飛ばす」感じがいいですね。

そこまでスピンはかかりませんが意外とボールが飛ぶので、押し出すようなスイングでライジングすると気持ちいい!

フラットで低い弾道のボールを打つ人と相性がいいはず

「フラット系でボールを掴んでコントロールしたい 」なプレーヤーにオススメ!

99インチの18×19という組み合わせは、パワーとコントロールが両立した絶妙なスペックだと思いました。

この両立している感覚で思い出すのは、アガシが使っていた頃の「ラジカルOS」。

「プレステージ」シリーズではありますが「現代の技術を駆使して、今の時代向けにラジカルOSを再構築してみました」みたいなラケットにも感じられます。

PRESTIGE TOUR(GRAPHENE 360+ )の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ヘッド プレステージツアーのインプレ・感想。この打感とパワーは癖になる【#蘇ったオーバーサイズ】

ヘッド「SPEED MP(GRAPHENE 360+ )」

ストローク

ネットプレー

サービス

SPEED MP(GRAPHENE 360+ )の魅力

ヘッド「SPEED MP(GRAPHENE 360+ )」は、「ボールの勢いを活かしてアグレッシブなプレーができる」テニスラケットだと感じました。

このフレーム厚からは想像できないほどのパワーが魅力。

とにかくストロークが打ちやすくて、自分の実力を勘違いするほどのボールが打てました。

スピン性能もそこそこあって、サーブ・ストロークで「ハイスピード」なショットが可能です!

「アシスト力を武器に、どこからでもエースを狙いにいきたい 」なプレーヤーにオススメ!

今まで打ってきたコントロール系のラケットの中で、一番のパワーを感じました!

「とりあえず」なショットでもしっかり返球でき、コートのどこからでも攻守が可能なテニスラケットです。

フラットで攻めるのもいいですし、ひたすらストロークを打つだけでも相手の脅威となるはず。

HEAD(ヘッド)グラフィン360+ スピード MP

SPEED MP(GRAPHENE 360+ )の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ヘッド スピードMPのインプレ・感想【#その道具、凶暴につき】

プリンス「TOUR 95」

ストローク

ネットプレー

サービス

TOUR 95の魅力

プリンス「TOUR 95」は、「ラケットコントロールに優れ、どんなときでもスイングしやすい」テニスラケットだと感じました。

98インチ相当のパワーがありながら、95インチの振り抜きのよさを体感できるのが魅力!

ストローク・ボレーでは、オフセンターに当たらないよう丁寧な操作が求められるけど、そんなにハードに打たなくてもボールは飛びます。

やや弾く感覚とギュッとした打感が相まって、スペック以上にパワフルなサーブを打ちやすいです!

「ボールの感触を大事にしたい、サーブ重視の 」なプレーヤーにオススメ!

フェイスの真ん中に当てる技術は必要だけど、ラケット操作の微調整がしやすく、ボレーやスライスのノリ感もいい。

ラケット重量もあるので、パワー負けしにくいのもメリットかなと。

サーブを軸とし、時折テクニックを織り交ぜながらプレーしたいシングルス好きな人に使ってみて欲しいラケットです!

TOUR 95の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

プリンスのTOUR 95のインプレ・感想【#まだここにある】

ウイルソン「PROSTAFF 97L(V13.0)」

ストローク

ネットプレー

サービス

PROSTAFF 97L(V13.0)の魅力

ウイルソン「PROSTAFF 97L(V13.0)」は、「カッチリした打感でボールがよく飛んでくれる」テニスラケットだと感じました。

一番の魅力は、なんといってもスペックからは考えられないほど、スピンがかけやすいこと!

オリジナルの「PROSTAFF97」からフレーム厚が増し、しなりがありながらも弾く感覚を搭載。

ボレーやサーブでもカッチリ感があり、スピードのあるボールが飛んでいきます

「しなりを感じながらも、スピンの効いたショットが打ちたい 」なプレーヤーにオススメ!

打感の気持ちよさはオリジナルには及ばないものの、その分パワーアップしたフレームが特徴。

PROSTAFF97だと「ボールの飛びがイマイチ」や「試合で使うにはむずかしい」などの悩みを解決してくれる1本に仕上がっています!

スピンを駆使してプレーの幅を広げたいストローカーにオススメです!

PROSTAFF 97L(V13.0)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ウイルソン「PROSTAFF97L」のインプレ・感想【#わたしたち御用達】

ヘッド「PRESTIGE MP L(2021)」

ストローク

ネットプレー

サービス

ヘッド「PRESTIGE MP L(2021)」の魅力

ヘッド「PRESTIGE MP L(2021)」は、「ボールを掴む打感と飛びを抑えた」テニスラケットだと感じました。

低めの音でボールをググッと掴んでくれる打感がすばらしいです!

フラットに飛んでいく感覚が強く、トップスピンよりもスライスが得意のラケット。

前作モデルと比べて、コントロール性能が重視されているように感じました!

「来たボールすべてを打ち込むような 」なプレーヤーにオススメ!

サーブでは威力が出しにくいし、ボレーも多少スイングする必要があるけど、しっかり打てたときの打感は格別!

シリーズの中で一番やさしい「MP L」は、ハードな性能ではあるものの、ガットの調整次第ではなんとか使えそうな気がします!

新しい「Auxetic構造」を携えて、グラフィン以前のプレステージが帰ってきたような感覚を覚えました!

PRESTIGE MP L(2021)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ヘッド「プレステージMP L」のインプレ・感想【#ミニマリストテニス】

ボレーヤーにおすすめのボックス形状のテニスラケット

バボラ「PURE STRIKE 100」

ストローク

ネットプレー

サービス

PURE STRIKE 100の魅力

バボラ「PURE STRIKE 100」は、「ボールの威力で相手を押していける」テニスラケットだと感じました。

強めの弾き感と球持ちのいいとこ取りが一番の魅力です。

スピン性能はそれなりで、ストロークは直線的に飛んでいくフラットドライブがメインになるかと。

100は、弾き感の中に球持ちがある感じです

「弾き感を生かして、速い展開で勝負したい 」なプレーヤーにオススメ!

しっかりスイングできたときは、ラケットの持つパワーと相まって、弾丸のようなボールが打てます。

なので、もっとストロークが上手い人が使うと、相手をコート後方へ押し込めるようなボールが打てるんじゃないかと。

ストロークもボレーも威力のあるボールで攻めていきたい人にオススメの一本です!

PURE STRIKE 100の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ピュアストライク2019の16/19と100を打ち比べた感想と、100を選んだ理由(インプレ)

プリンス「PHANTOM GRAPHITE 107」

ストローク

ネットプレー

サービス

PHANTOM GRAPHITE 107の魅力

プリンス「PHANTOM GRAPHITE 107」は、「クラシカルな打感とコントロール性能を味わえる」テニスラケットだと感じました。

このフェイスの大きさながら、面の安定性がとても高い。

打球時のラケットのブレはほとんど感じられず、どんなボールが来てもしっかり返球できます

また、スピン性能が高く、ストロークの弾道が上がったのも印象的でした。

「ボールを掴んでコースを狙いたい 」なプレーヤーにオススメ!

クラシック感のある打感と面の安定性に優れたラケットですが、扱うには自分のパワーが必要だと感じました。

107インチと言えども、ほかのラケットでいう97インチくらいのパワーになるかと(ヨネックスのVCOREPRO97と同じくらいのレベル)。

ちゃんとスイングできれば、スピンのかかった伸びのあるボールが打てるラケットなので「昔ながらのラケットが好き+少し楽をしたい」みたいな人に、ぴったりのラケットになるのかと。

PHANTOM GRAPHITE 107の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

プリンスのグラファイトシリーズを初めて打った感想・インプレ(ファントム)【#まるで第三の手】

ウイルソン「CLASH 98」

ストローク

ネットプレー

サービス

CLASH 98の魅力

ウイルソン「CLASH 98」は、「ストロークよりも、サーブとボレーで勝負したくなる」テニスラケットだと感じました。

「粘るようなしなり」と「カッチリした打感」が共存した、ほかにないテニスラケットです。

タッチ感に優れ、スライスやボレーの感触が抜群。

スピンも意外とかかるので、スピンサーブがいつもより弾んでくれました!

「ボレーをこよなく愛する感覚派 」なプレーヤーにオススメ!

ラケットスペックも打感もオンリーワンで、球持ちの良さが格別!

ストロークのスピードは少々出しにくいものの、スピンとタッチ感を重視する人と相性がかなりいいと思います。

回転系サーブを軸に、守るストロークとコントロールしたボレーで攻めたいプレーヤーにオススメの一本です!

CLASH 98の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ウイルソン クラッシュ98のインプレ・感想【#現代のサーブアンドボレーヤーに捧ぐ】

ダンロップ「CX400 TOUR」

ストローク

ネットプレー

サービス

CX400 TOURの魅力

ダンロップ「CX400 TOUR」は、「掴みと弾きを両立している」テニスラケットだと感じました。

そこまで力まなくても飛ぶほどのパワーを持ちながら、スライスのタッチ感もいいです!

スピンの効いたボールも打てますし、フラットに当てるボレーでもそのパワーを実感できます。

フラット・スライス・スピンすべてのサーブで威力が出せるので、ゲーム形式で使ったとき、サービスキープしやすいのがありがたかったです

「感覚重視だけどパワー負けしたくない 」なプレーヤーにオススメ!

ラケットにパワーがあることで「攻めていくボールが打ちやすい」だとか「しんどいときでもボールを返せる」などの恩恵を受けられます!

1日で何試合もプレーする人は、疲れてきたときもショットをアシストしてくれるのが魅力になるのではないかなと。

タッチ感とパワーどっちも捨てがたい人は、ぜひ選択肢に入れてみてください!

CX400 TOURの評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

ダンロップ「CX400 TOUR」のインプレ・感想【#マッチョな感覚派】

プリンス「TOUR 100(310g)」

ストローク

ネットプレー

サービス

TOUR 100(310g)の魅力

プリンス「TOUR 100(310g)」は、「振り切らなくても、ボールを返球する能力が高い」テニスラケットだと感じました。

過度な味つけがなく、自分のプレーを邪魔しないクセの無さが一番の魅力!

ラケット重量がある&トップライトになっているので、ボレーをはじめスイングしないショットが打ちやすいです。

また、ストリングパターンが「16×18」なこともあり、スピンをかけることに対するハードルが比較的低く感じました!

「今のプレーに”+α”が欲しい 」なプレーヤーにオススメ!

ボックス形状らしい打感がありつつ、安定感とスピン性能でプレーの幅を広げてくれます!

パワフルさはそれなりに、打ったときの自然さがイチオシポイントです。

今のままでもいいけど「もうちょっとボールを返球してボレーにつなげたい」など、つなぐストローク&攻めるボレーを打ちたいプレーヤーにオススメです!

TOUR 100(310g)の評価をもう少しくわしく知りたい人は、こちらのリンクをご参考ください。

プリンス「TOUR100(310g)」のインプレ・感想【#シンプル・イズ・ベター】

安定感で選ぶならどれ?

まずは目の前の一球を返すことで、安定したラリーで組み立てたい!

そんなお悩みのために、飛びすぎない・飛ばなさすぎないボックス形状のテニスラケットを選定しました!

ある程度スピンがかけやすいことを前提に、コート内への収めやすさを基準としています

ガッチリ受け止めるなら「VCORE PRO 100(2019)」

VCORE PRO 100は、ボールを捉えることに長け、シングルス・ダブルスともに場面を選ばずに使えるラケットです!

自分から打っていくのに必要なパワーもあり、カウンターのように相手のパワーを利用できるバランスのよさが特徴的。

掴む感じをしっかり感じながら、スピンやスライスなどいろいろなボールを打ちたい人にオススメです!

しっかりボールを打ち返すなら「BLADE 100(V8.0)」

BLADE 100は、ラケット自体がしっかりしていて、パワーとコントロールが絶妙にブレンドされたラケットです。

上記の「VCORE PRO 100」に弾き感をプラスした打感で、ボールの飛びやスピンをアシストしてくれる性能が増幅されたイメージ。

しんどいときでも助けてくれるので、ゲーム中で一球一球のクオリティを求める人にオススメです!

とにかく返球第一なら「TOUR 100(310g)」

TOUR 100は、ラケット重量のあるトップライト設計でコントロールに優れたラケットです。

上記2つに比べると弾き感は少なくボールの飛びはそこそこながら、16×18のストリングパターンで頑張らなくてもスピンがかけやすい

ミスせずラリーをつなげて、ボレーまで展開したい人にオススメです!

パワー(スピン)で選ぶならどれ?

打感重視と言っても、やっぱり打ち負けないパワーも欲しい!

そんな人に向けて、打ってきた中でパワーあるなと感じたボックス形状のテニスラケットを紹介します!

自分で打ってもラリー相手に打ってもらっても、いつも以上にボールが伸びるなという基準で選びました

一番パワーがあるのは「SPEED MP(GRAPHENE 360+ )」

SPEED MPは、その名に違わずボールスピードが出しやすいラケットです。

自分で打ってもボールが飛ぶなって実感できるし、相手に打ってもらっても、いつも以上に速くてスピンがかかったボールが飛んできました!

打感は硬すぎず、思い切ってスイングしやすい!相手を振り回すようなパワフルなボールが打ちたい人にオススメです!

HEAD(ヘッド)グラフィン360+ スピード MP

振り抜きを良くしたいなら「PROSTAFF 97L」

PROSTAFF 97Lは、想像以上のパワー・スピンがあってびっくりしたラケット!

SPEED MPのラケットフェイスを小さくして、振り抜きや取り回しの良さをアップさせた感覚を覚えました!

高いスピン性能を活かして、積極的にストロークで攻めていきたい人にオススメです!

打感にもこだわりたいなら「CX400 TOUR」

CX400 TOURは、ストローク・ボレー・サーブどれでも万能にプレーできるラケットです!

同じ100インチのSPEED MPと比べて、パワフルさをやや抑えてマイルドな打感になっているのがポイント。

ボールを掴む感覚があるので、スライスやボレーなどタッチ感を重視したい人と相性がいいかと思います!

サーブで選ぶならどれ?

どんなに実力差があっても、サーブとリターンは絶対ある。
それなら、まずはサーブを強化したい!

そんな考えをお持ちの人に、振り抜きがいい98インチラケットの中でサーブ能力が高いと感じたラケットをご紹介!

上記の「パワー」の項目で選定したラケットもサーブの打ちやすいので、98インチにこだわりがなければ上記から選ばれるのもオススメです

フラットサーブを軸にするなら「RADICAL MP(GRAPHENE 360+ )」

RADICAL MPは、サーブの振り抜きがよく、サーブからの戦術的な組み立てがしやすいラケットです!

ラケット自体に大きなパワーはないけど、ボールをグッと押し込むように飛ばせるので、いつもよりボールの伸びがよく感じました。

スピンのかかりもいいので緊張した場面でも安心して振り切れる!ファーストサーブでエースを狙っていきたい人にオススメです!

そつなくこなすなら「CX200」

CX200は、ボールの持ってくれる打感と適度に弾く感覚が印象的なラケットです!

ボールの飛びもさることながら、スライスサーブの引っかかりがよく、相手の体勢を崩せるようなサーブが打ちやすかったです!

ストローク・ボレーも含め、どのショットもそつなくこなす性能で、総合的に戦いたい人にオススメです!

回転系サーブなら「CLASH 98」

CLASH 98は、しなる打感とコントロール性能が抜群のラケットです!

「RADICAL MP」・「CX200」と比べるとボールスピードは劣りますが、ねらったところにスライスサーブやスピンサーブが打ちやすいと感じました。

ほかのラケットでは味わえない打感でボレーとの相性が最高!コントロール重視でサーブ&ボレーをトライしたい人にオススメです!

関連記事