シューズ&ウェア

テニスウェアのブランドまとめ & 知っておきたい服装(ファッション)のポイント!(前編)

「テニスするときって何を着るの?」
「なんか格式高くてマナーとかありそう…」

などなど、テニスを始めるときラケットやシューズ以外に悩むのが、テニスウェアじゃないでしょうか。

ものすごく簡単に説明しますと、“こういう服装じゃなきゃコートに入れない!”みたいな決まりはありません!

公式の試合だと規定がある場合もありますが、普段の練習や趣味で楽しむのであれば、なんでもOK!

また、野球やサッカーのようにユニフォームがないので、テニスウェア独特の服の型もないです。

正直に言ってしまうと、スポーツウェアとして売られているものでもいいのですが、逆に言えば、制約がなくデザインや色を自由に楽しめるのがテニスウェアの魅力!

そのため、さまざまなブランドがテニスウェアの開発・販売をしており、雰囲気や特徴も豊富でテニスウェア選びは楽しいのです。

せっかくテニスするんだから、テニスウェアとして販売されているものを着たい方も多いですよね?

この記事では、テニスウェアとして展開している20以上のメーカーやブランドを紹介していますので、じっくり見ていってください!

まずは購入する前に知っておくと助かる、選ぶときのポイントからいってみましょう!

最初に買うべきウェアと選ぶときのポイント3つ

テニスをするときはみんな基本的に、“Tシャツ+ロングパンツ(ハーフパンツ)”を着ています。

あとは寒いときに上着を足したりするくらいかな。

なので、Tシャツやパンツをいくつか買っておけば大丈夫です!

女性の方は、スカート・スコート・ワンピースなど種類がありますが、まずは男性と同じように”Tシャツ+ロングパンツ(ハーフパンツ)”から始めてみましょう。

そこから実際にスクールやコートに出てみて、色々な方の服装を観察してみると、あれいいなこれいいなと思うものが見つかると思います!

他には、各ブランドのホームページからカタログを見てみると面白いですよ。
(例:FILA – YUKO ARAKI SPRING & SUMMER 2019 COLLECTION

選ぶときのポイント1. ウェアの素材に注目しよう

テニスは止まったり動いたりを繰り返すスポーツなので、汗冷えの対策が大切!

コットン(綿)素材は着心地はいいのですが、汗を吸ってしまい、ウェアが重くなったりと汗冷えの原因になってしまいます。

オススメするのは、速乾性に優れたポリエステル素材。

ウェアの素材をよく見ると、ポリエステルとコットンが混合しているものもありますが、60-70%がポリエステルであれば大丈夫かな。

でも、なるべくポリエステル100%に近いウェアを選んでおくと間違いないです。

また最近では、UVカット効果がある機能がついたテニスウェアもあるので、デザイン以外にも着目してみましょう。

クール効果・保温効果がある素材だったり、防臭や抗菌に対応した素材のテニスウェアも登場していますよ!

選ぶときのポイント2. パンツにポケットがあるのかチェックする

テニスをしているとボールをたくさん使うこともあり、ポケットにボールを入れる場面が多いのです。

なので、ポケットがあるのかがけっこう重要になり、目安として左右のポケットに2個ずつ入るならOK(普通にポケットがあるものであれば大抵は2個入る深さがあります)

チェックといいましたが、テニスウェアとして販売されているものなら、ポケットはついているので心配ありません。

テニスウェアでなく、テニス用としてスポーツウェアを選ぶときに気をつけてくださいね。

選ぶときのポイント3. 帽子・サンバイザーは、つばの裏が黒のものを選ぼう

屋外でテニスをするときに、意外と必要になるのがキャップ(屋内スクールのみなら、なくても大丈夫です)

顔の日焼け対策もそうですが、サーブを打つときに上を向くので少しでも眩しさを軽減したいんです。

そこで、なぜ、つばの裏が黒がいいかというと、、、

野球選手が顔に黒いシールを貼っているのを見たことありませんか?

あのシールはアイブラックと呼ばれています。

アイブラック (英: eye black) とは、グレア(眩しさ)を減らすためにスポーツ選手が目の下に付ける黒い防眩・遮光グリースやステッカーのことである。太陽光線やスタジアムの照明下では目の下で反射した光で両眼のコントラスト感覚が鈍り、空中のボールが背景に溶け込んで見えにくくなるため、野球やアメリカンフットボールの選手を中心に使用されている。

出典:Wikipedia – アイブラック

つばの裏が黒のキャップやサンバイザーはアイブラックと似た効果を持っているので、眩しさが軽減されボールを見やすくしてくれます!

オススメはナイキのフェザーライトキャップ!

キャップの色が何色でも、つばの裏は黒になっていますよ。

 

では、ここからはブランドをいくつかのジャンルに分けて紹介していきます!

カッコ内は、ブランドの発祥国となっているので、そこもチェックしてみてくださいね。

定番のテニスウェア

ナイキ(アメリカ)

ここ1-2年のデザインはちぐはぐなウェアが多かったものの、最近のクラシック路線で少し持ち直した印象です。

海外では多くのモデルを展開していますが、日本にはあまり入ってきていないのが難点。

一部のモデルは輸入しているショップがあり、楽天市場やyahooショッピングで買えちゃいます。

その際は、サイズが海外サイズになっているので要注意です!

“ナイキコート”というテニス用のナイキロゴがかっこいいので、こちらを探してみるのも楽しいですよ!

メンズ

NIKE(ナイキ)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

NIKE(ナイキ)テニスウェア レディース
created by Rinker

アディダス(ドイツ)

そこまで派手でなく、男女ともに安定してかっこいい・かわいいウェアが多いです!

定期的にブランドやデザイナーとコラボした商品を出していて、さまざまな雰囲気のテニスウェアがあります。

ウェアにはこだわりたい、自分に合ったものを探したい方は、一度チェックしてみてください!

メンズ

adidas(アディダス)テニスウェア メンズ

レディース

adidas(アディダス)テニスウェア レディース

アシックス(日本)


モデルの種類は少なく、デザインもほぼロゴのみのシンプルイズベスト路線!

ただ、背中側のデサインに凝っていたり、腕の可動域を狭めないような袖丈になっていたりと、機能性に優れたものが多いです!

たまに海外サイズのモデルがあるので注意。

アシックスのウェアを着ている人は、シューズも合わせて履いている人が多いですね。

今のシューズがアシックスの人は、ウェアの値段も高くないので全身をアシックスで揃えてみるのはどうでしょうか?

メンズ

ASICS(アシックス)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

ASICS(アシックス)テニスウェア レディース
created by Rinker

ニューバランス(アメリカ)


デザイン性はあるものの、落ち着いたモデルが多いので、年齢問わず着やすいモデルが揃っています。

また、ひとつのモデルに対して4色ほどカラー展開しているので、似合うものを選びやすいのがいいですね!

ロゴTシャツだと2,000円くらいと、お値段も控えめなので、部活などでウェアの数が必要な方にオススメ!

メンズ

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスウェア メンズ

レディース

NEW BALANCE(ニューバランス)テニスウェア レディース

ユニクロ(日本)

テニスウェアとして販売されているのは選手モデルのみですが、同じ生地を使った”ドライEX”のシリーズもテニス向き。

汗をかいてもここまでサラッと感を保てる素材は、なかなか見つけられないです。

特に推したいのはハーフパンツ!

値段も安く、耐久性もよく、ポケットもあるので使い勝手は抜群です!

UNIQLO(ユニクロ)ドライEXシリーズ – メンズ・レディース

ラケットと同じメーカーで合わせたい編

ヨネックス(日本)

ヨネックスのウェアは当たり外れがすごいです!(褒めてます)

これ着こなすの無理だろってデザインから、「素晴らしい!」と、ため息つくデザインが混在することもしばしば。

ウェアに使われている素材”VERY COOL DRY”など機能性がよいものもあり、暑がりな方、よく汗をかく方は一度着てみて欲しいですね。

メンズ

YONEX(ヨネックス)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

YONEX(ヨネックス)テニスウェア レディース

バボラ(フランス)


バボラのラケットは、テニスコートに行けば見ない日はないくらい使用率が高いですね〜。

ラケットとお揃いで着ている方も多いような?

デニム風デザインや黒いウェアが充実しているので、シックな感じで揃えたい方に良いブランドだと思います!

メンズ

Babolat(バボラ)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

Babolat(バボラ)テニスウェア レディース
created by Rinker

プリンス(日本?)


ブランドの発祥はアメリカなのですが、海外のテニス通販でウェアを取り扱っているのを見かけなかったので、ほぼ日本だけの展開かと思います。

メンズよりもレディースに力を入れているイメージで、白を基調としたオシャレなものが多いです!

Tシャツだけでなく、色々な形のモデルがあるので、自分に合ったものが選びやすいですよ。

メンズ

Prince(プリンス)テニスウェア メンズ

レディース

Prince(プリンス)テニスウェア レディース

ダンロップ(日本)

ダンロップは、ラケットもシューズもいいものが揃っています。

スリクソンとダンロップが統合したことで、これから全世界に向けて展開していくかもしれませんね。

ウェアの数は多くないですが、シンプルにまとまっているので全身ダンロップで統一してみるのもいいですね!

メンズ

SRIXON(スリクソン)テニスウェア メンズ

レディース

SRIXON(スリクソン)テニスウェア レディース

ローチェ(日本)


トアルソンが展開しているスポーツウェアブランド。

ビタミンカラーというか、目を引くデザインで気持ち的に明るくなります!

テニス専門ショップでないと見かけることはないかもしれませんが、実際に見てみると惹かれるウェアです。

メンズ

röche(ローチェ)テニスウェア メンズ

レディース

röche(ローチェ)テニスウェア レディース

パラディーゾ(日本)


ブリヂストンが展開しているスポーツウェアブランド。

スポーツショップではリストバンドが置いてあったり、小物類では見たことある方も多いかもしれません。

大人が着れるpopウェアで、ちょっとリゾートっぽいデザインがいいですよ!

メンズ

Paradiso(パラディーゾ)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

Paradiso(パラディーゾ)テニスウェア レディース
created by Rinker

オシャレ編(かっこいい・かわいい)

フィラ(イタリア)


明るい色が多く、クールというよりは元気なイメージのウェアが多いです。

レディースのモデルは、よりどりみどりでいいウェアがたくさんありますね。

これからテニスを始める方など、テニスウェアにこだわりたい女性にオススメ!

メンズ

FILA(フィラ)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

FILA(フィラ)テニスウェア レディース

ルコック(フランス)


シンプルなウェアから、テニスをイメージしたイラストを取り入れたデザインのウェアまで種類が豊富。

ゆるいけどしっかりしたデザインというか、なんていうか表現が難しい。笑

かっこよすぎない・可愛すぎない、絶妙なバランスのテニスウェアならルコックです!

メンズ

le coq sportif(ルコック)テニスウェア メンズ

レディース

le coq sportif(ルコック)テニスウェア レディース

エレッセ(イタリア)


機能性に優れているものが多く、抗菌・防臭効果のあるウェアはありがたい!

上品なものからポップなものまで取り揃えているので、個人的に好きなブランド。

ロゴやブランド名のみが入っているTシャツは買いやすい値段なので、重宝しています。

メンズ

ellesse(エレッセ)テニスウェア メンズ

レディース

ellesse(エレッセ)テニスウェア レディース

ラコステ(フランス)


ワニのロゴがついたポロシャツが有名なブランド。

価格は高めですが、それに見合ったデザイン性+着心地がいいです!

コットンが多めで速乾性が低いものもあるので、買うときは素材をよくチェックしてください。

メンズ

LACOSTE(ラコステ)テニスウェア メンズ

レディース

LACOSTE(ラコステ)テニスウェア レディース

ディアドラ(イタリア)


「ディアドラが好き!」というテニスファンの方が多いブランドです。

個人的には、レッドやネイビーのウェアを多く展開しているイメージ。

特にネイビーはすごく綺麗な色なので、この2色が好きな方にオススメしたいです!

メンズ

diadora(ディアドラ)テニスウェア メンズ

レディース

diadora(ディアドラ)テニスウェア レディース

セントクリストファー(日本)


知的で大人な印象のデザイン。

ニューバランスと同じく、中高年の方にオススメできるウェアです!

少量生産というこだわりを持ちつつも、この値段で展開しているのがすごい。

こういうコンセプトで作られているウェアは惹かれますね。

メンズ

St.Christopher(セントクリストファー)テニスウェア メンズ

レディース

St.Christopher(セントクリストファー)テニスウェア レディース

セルジオ・タッキーニ(イタリア)


古くからあるブランドで、今の時代にマッチしたレトロなデザインでスポーツMIXの私服にもいけそう。

日本からは撤退しているみたいですが、またこれから人気が出そうな予感!(すでに出てる?)

このデザイン性で値段がそこまで高くないので、イチオシです!

メンズ

SERGIO TACCHINI(セルジオ・タッキーニ)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

SERGIO TACCHINI(セルジオ・タッキーニ)テニスウェア レディース
created by Rinker

人と被りにくいマニアックなウェア編

ハイドロゲン(イタリア)


スカルのロゴが特徴的なラグジュアリースポーツブランド。

お値段もラグジュアってるので気軽に買える値段ではありませんが、質の高さは間違いなし!

デザインの好き嫌いは分かれそうですが、お好きな方は勝負服にいかがでしょうか。

メンズのみ展開

HYDROGEN)(ハイドロゲン)テニスウェア メンズ
created by Rinker

オークリー(アメリカ)


サングラスの印象が強いですが、テニスウェアも展開しています。

デザインは、ロゴのみだったり落ち着いているウェアが多いかな。

値段も控えめで、最近ではスポーツ用品店での取り扱いも増えてきているので、手に入れやすいです。

メンズのみ展開

OAKLEY(オークリー)テニスウェア メンズ
created by Rinker

アスレチックDNA(アメリカ)


ウェアはほとんどが柄物で、まさにアメリカンな派手なデザイン!

以前はもう少し落ち着いていたような?

日本で展開しておらず、公式サイトからも購入はできません。

ただナイキの海外モデルと同じように、yahooショッピングや楽天市場で取り扱っているショップがありますよ!

メンズ

Athletic DNA(アスレチックディーエヌエー)テニスウェア メンズ
created by Rinker

レディース

Athletic DNA(アスレチックディーエヌエー)テニスウェア レディース
created by Rinker

ロット(イタリア)


サッカー好きな方からすると、よく知られたブランドでしょうか。

最近はテニスウェアも取り扱う店舗が増えてきています。

テニスもするしサッカーやフットサルもする、みたいな趣味を持つ方にいいかも!

メンズ

LOTTO(ロット)テニスウェア メンズ

レディース

LOTTO(ロット)テニスウェア レディース
created by Rinker

ホマ(スペイン)


派手めなウェアからロゴのみのシンプルなTシャツもあり、色も豊富なので選びやすいです!

テニス観戦が趣味の方には、知られているブランドかな?

これを着ている人を見かけたことがないので、人と違うウェアが着たい方はオススメ!

メンズ

JOMA(ホマ)テニスウェア メンズ

レディース

JOMA(ホマ)テニスウェア レディース

カストーレ(イギリス)

アンディマレーが2019年から着用している、イギリスのスポーツウェアブランド”CASTORE”。

軽量、防臭、高い通気性、速乾といった、優れた機能性が盛りだくさんで、上質さにこだわったウェアが勢揃い!

日本ではまだ展開していませんが、公式サイトから買えます(英語です)

価格は、安いモデルでも60ユーロ(約7,200円)ですが、マレー着用モデル「AMC COLLECTION」も展開しているので買ってみたいですね〜

追記:あまりにも買いたかったので、購入方法を詳しく調べてみました。

2019年現在、日本から購入する方法は2つ。

① 公式サイトから購入する
送料15ユーロ(約1,800円)
→ 注文する商品の合計額が150ユーロ(約18,000円)を越えると無料

② MATCHESFASHIONから購入する
こちらもイギリスを拠点とした通販サイトのようですが、日本語対応しています。
送料2,000円
→ 注文する商品の合計額が30,000円を越えると無料

豊富な種類から選ぶなら公式サイト、日本語でかんたんに買うならMATCHESFASHIONがいいですね。

サイズ表を見た感じだと着丈が長めで、ゆったりした形のウェアのようです。

購入する場合は、他の海外メーカーと同じく、日本で購入しているサイズからワンサイズ落とすと良さそう。

CASTORE(カストーレ)テニスウェア

—————————————–

前編はここまでになります。

後編ではテニスウェアのブランドに限らず、もうちょっと自由な発想でテニスファッションの提案をしたいと思います。

似合う色の選び方・サイズ感の工夫・テニスにも私服にも使えそうなウェア、といった内容を書いていますので、見てみてくださいね。