【レビュー】テクニファイバー バッグ「ラックパックプロ」荷物が多い方におすすめ!!

テクニファイバーのバッグを選んだ理由

皆さんテニスに行くとき、どんなバッグを使っていますか?

僕は今までショルダータイプを使っていたのですが、
手でボールのカゴを持っていたり、
コートに入るときのドアの施錠や開閉だったり、
両手が空いていて欲しいときって結構ある
んですよね。

ラケットバッグは荷物が中でずれる


出典:Tecnifibre.com

このようなラケットバッグは、
使ってるラケットのブランドと合わせたりプロと同じ格好ができたりと、
ラケットだけを入れるなら最高のバッグです!

ただ僕のような週末のみのプレーヤーは、ラケットは2-3本しか持たないし、
着替えや飲み物・ボールを入れていると、背負ったときに荷物が下にいっちゃうことが難点。

リュックタイプはどうだろう?


出典:Tecnifibre.com

普段使いもできそうなリュックタイプは、
コンパクトにまとめられるし、バッグ自体の重量も軽いので、
電車移動でもスペースを取らないのがいいですね!

ただ、ラケットのグリップが飛び出しちゃうのがなんとなく気になったり、
コンパクトゆえシューズポケットが無かったり、荷物がたくさんは入りません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そういった経緯もあり、今回は僕の不満点を解消してくれそうな
テクニファイバー RACKPACK PRO(ラックパック プロ)を
実際に購入し使ってみたので、ご紹介します。

バッグや各ポケットのサイズ

収納時の大きさ

横70cm × 高さ33cm × 奥行33cm

中のサイズ


①真ん中のラケット収納部分
横68cm × 深さ8cm × 奥行12cm
※下にシューズポケットがあるため、右にいくほどに深くなっていき、
最も深い部分は26cm

②シューズポケット側
横36cm × 深さ8cm × 奥行9cm
※下にシューズポケットがあるため、右にいくほどに深くなっていき、
最も深い部分は20cm

③小物ポケット側
横30cm × 深さ26cm × 奥行9cm

各ポケットのサイズ

シューズポケット

横20cm × 高さ25cm × 奥行33cm

小物ポケット

横16cm × 高さ14cm

メッシュポケット

横26cm × 高さ20cm(ファスナー部分22cm)

内ポケット

横10cm × 高さ13cm

これだけのものが収納できました

ラケット2本、着替え(Tシャツ×2とロングパンツ)、ボール2ケース、
ドリンク1000mlと500ml、替えのグリップなどが入ったポーチ、
日焼け止め、熱中症対策タブレット

などを入れてみた写真がこちら。

背負っても中の荷物が動く感じはなく、
その後取り出すときにも崩れていませんでした!すごい!

通学通勤には使えるか?

通学や通勤で使う方もいるかなと思いまして、
教科書や書類が入るかA4のファイルやノートで試してみたところ、
意外とピッタリ収まる感じがあります!

これならバッグ1つで出かけやすくなりますね。

ラックパックプロを使用してみて感じたメリット・デメリット

メリット

なんといっても仕切りが便利
背負っていても中で崩れないし、
置いてある状態でも全体的に開くことが出来るので、
何がどこに入っているのか把握しやすい!

様々なスタイルで持ち運びできる

写真のように2つを重ねることで、手にとったり肩にかけたりしやすく、
となりのコートまで少し移動するなど、背負うまでもないときにも安定性がありました。

デメリット

カラーが少し派手?
グラフィンタッチラジカルっぽいカラーリングで、結構目立ちます。

ラジカル使っている方はお揃いっぽくできますね!

新色として、黒にフランスカラーが差し色で入ったものが出ました。
(僕が買ったときは一色のみだったので悔しい…)

もう少しだけ容量が欲しいかも
あと使い心地に関しては特にないんですが、
冬場の着替えを入れるときにもうちょっと容量が欲しいなと思いました。

着るものが多いときはすべてをバッグに収めることは難しいかもしれません。

しかしそういった声があったのか、サイズアップされたものが販売されるようです!

荷物がたくさん持ち運びたい方はこちらがオススメ。

親子で使うときなど、ひとつにまとめられて便利ですね!

仕切りの取り付け方にご注意

僕がアホだからなんですが、仕切りを取り付けるのになかなか苦戦しまして、
今後購入された方のお役に立てればということで、取り付け方を書いておきます。


おそらく迷われるのが、
このシューズポケットの空間を作る用のパーツでしょうか。

このパーツさえ取り付けられれば、
あとは簡単なので、色ごとに解説していきます。

まずイエロー

折り目を山折りして、

底面の真ん中にあるテープとくっつけます

次にグリーンとホワイト

グリーンは側面に斜めに入ったテープとくっつけます(反対側も同じようにつける)
ホワイトはシューズポケット側の側面のテープとくっつけます。

これでシューズポケットの空間を確保できたので、あとはブルーをそれぞれくっつけるだけ!

ブラックの部分は、ラケットが多い方や長いものを入れる方向けにくっつけなくても使えるみたいですよ。

説明してみるとあっさり終わりそうな感じですが、
この取り付けに30分以上かかった人間がいるらしいので、
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

実物を見ることなく購入しちゃいましたが、
僕のような週末プレーヤーには最適なラケットバッグでした。

ラケット以外にも荷物を色々と入れたい方にオススメできますよー!