シューズ

ソールマッチ バウンス のレビュー【テニスシューズ観察記 #22】

このシューズの特徴
  • 足に優しいクッション性
  • どんなコートでも動けるマルチコートソール
  • 少しの工夫で得られる、快適なフィット感

今回紹介するアディダス「ソールマッチバウンス」は、「クッション性に優れ、どんなコートでもしっかりフットワークができる」テニスシューズです。

まずはアディダスのシューズ展開をチェック!

シューズ名
シューズ幅
対応コート
重量
アウトソール
ガッチリorしなやか
 

ウーバーソニック4
標準
オールコート
マルチコート
普通
ハーフ
バランス型
 

ソールマッチバウンス
標準
マルチコート
普通
ハーフ
ややガッチリ
 

バリケード
標準
オールコート
しっかり
セパレート
ガッチリ

似た名前のソールコートブーストは、どっしりとしていながらも反発性が強いタイプ。

それに対して、ソールマッチバウンスは、ブーストよりも軽く、足に優しい快適なクッション性を重視したモデルに仕上がっています。

注目ポイントは、屈曲性が高く快適なバウンスフォーム

アディダスが力を入れているミッドソールの素材には、「ブースト」フォーム「バウンス」フォームがありますが、違いはこんな感じ。

ブースト
精密に作られた小さな雲の上を走っているような履き心地の追求から生まれたクッション性を発揮。温度環境による影響を受けにくいため、風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下で反発力を維持。長距離のランでもEVAよりも、BOOSTフォームは劣化しにくく、性能を持続。

adidas公式通販:ソールコートブーストより引用

バウンス
クッション性と屈曲性に優れたBOUNCEフォームが、快適な履き心地と足の自然な動きを実現。

adidas公式通販:ソールマッチバウンスより引用

テニスシューズとしてのバウンスは、ブーストと比べてサポート力は劣るものの、裸足に近い感覚が◎。

また、アッパーも通気性のいいメッシュ構造で蒸れにくく、履いていて気持ちのいいシューズです!

アウトソールは「ハーフ」で、動く・止まるのバランスがいい


アウトソールに関しては、ソールコートブーストと共通。

フラットタイプに近い構造で、「バウンス」ミッドソールと相性がよく、地面をしっかり踏みしめて蹴ることができます。

サイズ・カラー展開

オムニコートやハードコートなど、コートを選ばずに使えるマルチコート用として展開。

カラーも豊富にあるので、きっとお好きなデザインのシューズが見つかると思います!

マルチコートモデルはこちら

実際に履いてみると、快適性が際立ち、締めつけ感が少ないのがうれしい


シューズ重量は 369g と、軽くはないですが、重たくもありません。

横幅は普通くらい。

アディダスの中では狭くない部類に入るのですが、、、

このシューズ唯一の欠点である「靴ひもがかなり緩めづらい」せいで、細く感じてしまいやすいと思います。

すごくいいシューズで、おすすめランキングにも入れたいくらいなんですが、これだけはちょっと気になる。

ただし、少し手間をかければ、ものすごくいいシューズなのは間違いないです。

クッション性がいいので、動いていなくても履きごこちがいい。

一歩一歩ちゃんと地面を踏めている感覚があり、力の加減がしやすいといいますか、自分が今どのくらい力を入れているのかわかりやすいです。

靴ひもに関しては、時間をかければ緩めていけるので、プレー前に時間を持って履くようにしましょう!

レビューまとめ(ソールマッチバウンスがオススメの人)

ソールマッチバウンスは、履いているだけでも快適で、しっかり動ける機能も備わったテニスシューズだと感じました。

  • 細めでクッション性のいいシューズを探している人
  • コートを選ばずに、いつも同じシューズで快適にテニスがしたい人

にオススメします!

▼マルチコートモデルはこちら

似たシューズの紹介

ニューバランス − FRESH FOAM LAV
になるかなと。

少し重たくはなりますが、よりクッション性を求めるなら、FRESH FOAM LAV。

長時間のプレーなどで、快適性を重視したいなら、ソールマッチバウンスをオススメします!

関連記事