シューズ

バボラ JET TERE(ジェットテレ)の解説!(テニスシューズ)

2020年の2月末に、バボラから新しいテニスシューズ「JET TERE」が販売されます!

2019年の楽天ジャパンオープンのバボラブースで展示されていて、ずっと気になっているシューズだったので、正式に販売決定になり嬉しいです。

購入後に改めて解説しますが、今は分かる範囲で情報をまとめました!

さっそく、その詳細を見ていきましょう。

機能性・重量

注目すべきは、「FULL INSOCK」。

「FULL INSOCK」は、個人的にテニスシューズの中で一番重視している機能性です。

アッパーとタンが一体化していて、より多くの人がフィットしやすい形状になっています。

他社メーカーでも、さまざまな呼び名で展開されていますが、ついにバボラにも登場しましたね。

 

重量に関しては、軽量モデルであった「JET MACH II」の派生モデルに当たるので、かなり軽い部類に入るかと。

おそらく、(27.0cmで)300-330gの間になるのではないかと思います。

テニスシューズの重量は、全く同じモデル・サイズでも±5gくらい幅があります。
また、サイズが0.5cm上がるにつれて、およそ5gほど重量が増します。
(テニスマテリアル調べ)

履き心地(感想・評価)

最近のテニスシューズの傾向として、タンが大型化し、クッション性が高い素材が使用されている印象です。

それにより、靴ひもの締め付けを軽減し、足の甲が包まれるような履き心地となります。

JET TEREもその傾向に当てはまっているので、軽いながら履き心地が優しいモデルではないでしょうか。

おすすめの人

フットワークにあまり自信がない人にオススメしたいです。

軽量モデルは、動き出しの一歩目が早く出せますし、ダブルスにも向いていますよ。

 

また、アシックスのソリューションスピードFFを履いている人が乗り換えてみるのもいいですね。

耐久性に関しては、アッパーの素材の差でスピードFFに軍配が上がりますが、長時間履かないならば、快適性はJET TEREかな。

そして、JET TEREはデザインもかっこいいです!

レディースもロゴがピンクになっただけの同じモデルが展開されているので、この機会に試してみてはどうでしょうか。

似たシューズ

アシックスのソリューションスピードFFが、一番の近いモデルになると思います!

軽量でありつつ、もう少し足がすっぽり入るような、深めで包み込む履き心地を求めるなら、ヨネックスのフュージョンレブもおすすめです。

では、また購入後にアップデートします!

関連記事