シューズ

ジェットテレ のレビュー【テニスシューズ観察記 #3】

このシューズのポイント
  • テニスシューズの中でも一二を争う浅い履きごこち
  • 高い快適性を持つメッシュ素材
  • ダブルス向きの軽さと反発力

がっしりした作りのテニスシューズもいいですが、週に1-2回テニスを楽しむのなら、耐久性やサポート力よりも、快適性が高く履いていて楽なテニスシューズを選んでみるのはどうでしょうか。

今回紹介する「ジェットテレ」は、通気性に優れ、軽くて動きやすいテニスシューズです。

関連記事

【2020】おすすめのテニスシューズ15選と選び方を元店員が解説!(幅広・レディース・部活動)テニスシューズオタクの元店員が、30足以上のテニスシューズを履き比べた中から厳選したオススメのテニスシューズをお悩み別に紹介! また、最新のテニスシューズ事情をふまえた選び方を、初心者にもわかりやすいように解説します。...
テニスシューズの人気メーカーとシューズラインナップのまとめ【随時更新中】 テニスシューズは、テニスラケットほどリリース情報が打ち出されるわけではないのが現状。 ただ、注目はされにくいですが、どのメ...

まずはバボラのシューズ展開をチェック!

シューズ名
シューズ幅
対応コート
重量
アウトソール
ガッチリorしなやか
 

ジェットテレ
標準
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
しなやか
 

ジェットマッハ2
標準
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
しなやか
 

プロパルス ブラスト
標準
ワイド
オールコート
カーペット
普通
セパレート
ややしなやか
 

プロパルス フューリー
標準
オールコート
オムニクレー
普通
セパレート
バランス型
 

プロパルス レイジ
標準
オールコート
普通
セパレート
ガッチリ

バボラのプレスリリースによると、以前販売されていたジェットマッハ1の後継モデルで、快適性を追求したシューズだとか。

機能性もさることながら、見た目からはわかりにくい特徴と軽量性を兼ね備えています!

注目ポイントは、メッシュ素材による高い通気性

まずバボラと言えば、「ミシュランパフォーマンス」ですね。

Babolat:MICHELIN PERFORMANCEより引用

タイヤでお馴染みのミシュランと共同開発した素材は、グリップ性と耐久性が◎。

また、全体がメッシュ素材でできているアッパーなど、軽量化を追求したつくりになっています。

アウトソールは「セパレート」で、軽快に動ける


アウトソールは、軽量モデルに使われることが多いセパレートタイプを採用。

軽量+セパレートで、次への一歩が速くなるモデルは、フットワークでお悩みの人の助けとなるかも。

そして、「オーソライト」を使用することで、快適性も確保しています。

住友ゴム:バボラテニスシューズ「JET TERE」シリーズを新発売より引用

実際に履いてみると、細めの横幅と一二を争う浅い履きごこちがありました


シューズ重量は、27.0cmで 305g

やっぱり305gとかなり軽いだけあって、足が持ち上げやすいですね。

そしてなにより、履いた感じの浅さにビックリ!

今まで履いたテニスシューズの中で、一番浅かったんじゃないかなと思います。

足首が動かしやすいのはメリットですが、多分テキトーに履くと脱げるのでは?

だからこそ、このシューズを履く場合は、一番上のシューレース(ひも穴)まで使ったダブルハトメにしましょう!

(写真撮り忘れたので違うシューズですが、こんな感じです)

シューズの横幅は細め。

幅も含めて履いた感覚は、アシックスのソリューションスピードやプレステージライトに近い感じがします。

全体的にスマートな作りなので、「がっちりシューズ履いてます!」って感覚が好きじゃない人は、ぜひ一度履いてみて欲しいです!

デザインもかっこいいですし、ラケットがバボラの人はシューズもバボラにして統一感を出してみるのいいですね。

レビューまとめ(ジェットテレがオススメの人)

ジェットテレは、テニスシューズだと感じました。

  • 深くてサポートしてくれるよりも、浅くて動かしやすい履きごこちが好きな人
  • ダブルスなど前後の動きが多く、素早い動きを実現したい人

にオススメします!

テニスシューズの分野ではマイナーなバボラですが、だんだんと完成度が高くなってきている印象。

この機会にお試しいただきたい一足です!

◎オールコートモデルはこちら

◎オムニ・クレーモデルはこちら

似たシューズの紹介

ニューバランス – MCH/MCO 896