シューズ

アディダスの「バリケード」が復活!!フィット感にこだわったモデルへと進化しました!

アディダスを代表するテニスシューズ「バリケード」が帰ってきました!!

ウーバーソニック4が新発売されたときと同じく、派手なデザインでの登場です。
(今回は、最初からそのほかカラーも展開しています)

広告塔には、今まで「ソールコートブースト」を着用していたドミニク・ティエムが使われているのと、ソールコートの新色が販売されていないことから、アディダスの高耐久モデルは「ソールコート」から「バリケード」へと置き換わるのかなと。

いま現状でわかる情報をまとめたので、ぜひご覧ください!

新しいバリケードは、最適なフィット感を得るための機能性を数多く搭載!

まず目に入ってくるのが、非対称のシューレースシステム。

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

ヨネックス「フュージョンレブ」ナイキ「ヴェイパーケージ4」を組み合わせたような形状になっています。

足の甲に沿うようになっていて、高いフィット感が◎。

内側の靴ひもをシューズ内部に隠すことで、スライドしたときに靴ひもを保護する役割も持っています。

アッパー素材の質感を見ても、丈夫でサポート力が高いモデルに仕上がってそう

また、シュータンの形状が先日発売されたニューバランス「FRESH FOAM LAV V2」と同じ薄型タイプです!

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

靴ひもがクロスする部分にクッション性を持たせてあり、足が痛くならないように工夫されているのもすごく似ています。

そして個人的にイチオシなのが、かかとにある「GEOFIT」パーツ!

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

シューズの隙間を埋めることで、さらなるフィット感をもたらします!

かかと周りのフィット感も、横幅のフィット感と同じくらい大事です。

「このシューズ横幅はいいんだけど、かかとがちょっと浮くんだよな」って結構あるあるなので、これはうれしい

3Dシャンクパーツをはじめ、蹴り出しのよさも向上しています!

バリケードの一番の魅力である「安定性」を支えているのが、中足部のシャンクパーツ。

そのシャンクパーツが「3Dトーションシステム」へと進化しました!

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

以前のモデルからはやや小型化しつつも、シューズ内側から外側へとななめに伸びる形状になっています。

このななめ形状は、アシックス「ソリューションスピードFF2」ミズノ「ウェーブエクシードツアー4」などでも取り入れている注目すべきポイント。

蹴り出したときに、テニスシューズがねじれてパワーロスしてしまうのを防ぎ、よりスムーズな足運びを実現します!

また、ミッドソールには新しくなった「バウンスフォーム2.0」を採用。

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

ソールコートから置き換えるなら、反発性の強い「ブーストフォーム」を使っているのかなと思っていたので、これは意外でした!

バウンスフォームは柔軟性に優れ、衝撃吸収もしっかりしているので、長時間もプレーに向いています

まとめ:新しいバリケードはより広い人々が使えるモデルへと変貌を遂げている!

新しいバリケードは、フィット感を高めるパーツを随所に搭載していました。

もちろん、もともとの魅力である「高い安定性能」も進化していて、ハードな練習・試合にもしっかり耐えうる耐久性もバッチリ備えています。

この印象的なフォントロゴも、シューズの耐摩擦性を強化しているものだとか。

出典:アディダス公式通販:バリケード ハードコート テニス

そして、「TennisWarehouse」によると、28.5cmで402gとのことなので、軽量化もされています。

ガッチリ系を代表するような頑丈さで、競技者からは愛されるものの、少し人を選ぶモデルだった「バリケード」シリーズ。

しかし、2021年に最新の機能性を持って生まれ変わり、みんなが履きやすいモデルへと進化しています!

履くことができれば、すぐにでも詳細レビューします!

関連記事