ウエーブエクシード4Z のレビュー【テニスシューズ観察記#45】

今回レビューする「ウエーブエクシード4Z」は、軽量・クッション性・反発性の3拍子が揃ったテニスシューズ。

  • 反発性とクッション性のバランス
  • 屈曲しやすいアウトソール

などなど、全体的なバランスのよさに注目です!
[chat face=”tenikoala_11.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”]ウエーブエクシード4Zのサイズ感をはじめ、実際に履いてみた感想をお届けします[/chat]


目次

ウエーブエクシード4Zのサイズ感をチェック!

シューズ幅
ワイド
シューズ重量
かなり軽い
対応コート
オールコート・オムニクレー
フットワーク性能
スタンダード
サポートタイプ
しなやか

 

フィッティングインプレッション

シューズ重量は 300g(メーカー公式)。コロンとした丸いフォルムで、全体的にフィット感が高まるような作りになっています。

個人的なお気に入りポイントは、ニューバランス「FRESH FOAM LAV V2」と似た薄いタン。

[chat face=”tenikoala_11.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 足の甲に沿ってくれるので、隙間なく履くことができました [/chat]

また、アウトソールには「D-Flex Groove」を採用しているのにも注目です。

中足部に斜めに溝を作ることで、シューズの捻れを抑制、スムーズな蹴り出しをサポートしてくれます!

[chat face=”tenikoala_11.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] アシックスやウイルソンなど「斜め構造」を採用しているメーカーが増えてきていますね [/chat]

サイズ展開

ウエーブエクシード4Zは、ユニセックスモデルを展開中。

サイズ幅は「22.5~28.5cm」

となっています。

ウエーブエクシード4Zは、ワイドモデルのみ展開しているモデルです。

幅広の人にはぴったりですが、そうでない人は同じくミズノの「ウエーブエクシードツアー5」のほうが合うかと思います!

[chat face=”tenikoala_smile1.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 最近のミズノはいいシューズを作っているのでオススメです [/chat]
▼オールコートモデルはこちら


▼オムニ・クレーモデルはこちら

実際にプレーした感想:ぴったりと沿うフィット感で、足がぶれない!


履いて動いてみると、かかとの安定感の高さが印象的でした。

薄型のタンもフィットさせやすく、足との一体感が増しています!

また、母趾球部に搭載された新素材「MIZUNO ENERZY」のおかげか、地面と蹴って動きやすいと感じました。

ただ軽いだけじゃなく、しっかり動けるモデルになっているかと。

[chat face=”tenikoala_11.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 少し頼りなかった以前のモデルから大きく進化を遂げています![/chat]

レビューまとめ(ウエーブエクシード4Zがオススメの人)


ウエーブエクシード4Zは、かなりの軽さを持ちながら、クッション性・反発性のバランスが取れたテニスシューズだと感じました!

クッション性がありながら、しっかりと蹴り出せる反発性もあるのは、なかなかめずらしいです。

反発性が高く、軽い力で動きやすいワイドモデルをお探しの人

にオススメします!

▼オールコートモデルはこちら


▼オムニ・クレーモデルはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次