ラケット

ヘッドのグラビティMPのインプレ・感想【#打つは易く続けるは難し】

2019年7月に、新シリーズとして発売になったヘッドの「グラビティ」。

フェイスの形が「雫(しずく)」のような形になっていて、スイートスポットが従来よりも少し上に移動しているのが特徴です。

ネクストジェネレーションの中でも活躍の目立つ「アレクサンダー・ズベレフ」の使用ラケットとして、気になっている人も多いのではないでしょうか?

個人的にデザインがすごく好きで、あとは性能さえ良ければうれしいなと。

購入する前に、しっかりと試打してみたので、感想をお伝えしていきます!

グラビティMPでプレーしてみた率直な感想(インプレ)

【参考】普段のラケットとプレースタイル
普段のラケット

ブリヂストン「VX305」+ヨネックス「ポリツアープロ」

  • 大好きなボックス形状
  • 特にこれといった特徴がない(褒め言葉)
  • すべてにおいてノーマル性能で、最高に扱いやすい
  • ↓VX305を詳しく見るならこちらからどうぞ!
    ブリヂストン VX305を使い続けてきた感想・インプレ【#究極のノーマル】

    プレースタイル
  • ストローク
  • コンチネンタルのフォアハンド+両手バックハンド(どちらもスピンは少なめ)

  • ネットプレー
  • ただただ好き

  • サーブ
  • スライスとスピンがメイン。フラットはあまり打ちません。
    「ストロークと比べて、ネットプレー・サーブのほうがマシ」という、自称“ネガティブ”サーブ&ボレーヤーです。

    ストローク

    5段階評価:

    かんたんに飛んでくれるラケットではないなというのが第一印象。

    といっても、今販売しているラケットの中では平均的なパワーだと思います。

    スピンのかかりは結構よくて、高めの弾道で飛んでいきます。

    個人的には、その場で打つよりも、ディフェンスなどで走りながら打つときのほうがいいボールが飛んでいる気がしました(先端気味に当たるせい?)

    一緒に試打した友人も言っていたんですが、フェイスのどこでボールを捉えたかによって、ラケットの印象が変わります。

     

    ネットプレー

    5段階評価:

    ダブルスのボレストなど、ひたすらボレーをするときは、飛びや感覚が安定しています。

    一方で、シングルスで前に出ていって叩く場面は、ちょっと難しかったです。

    威力不足になりやすいと言うか、詰めが甘くなって逆襲されることがありました。

    なので、取り回しのよさを生かして、タッチ系のボレーをするほうが向いているのかなと。

     

    サーブ&リターン

    5段階評価:

    サーブのような縦に振るときに、このラケットの良さが活かされる気がします!

    軽めに振っても速度が出るし、スピンもかけやすい。

    自然とボールが伸びてくれるので、優位な状況が作りやすかったです。

    リターンでは、ストロークと同じく、逃げていくボール・跳ねてくるボールなど、一般的には取りづらいボールに対応しやすく感じました。

     

    グラビティMPのすごいところ2つ

    しっかり当たってるときのストロークの安定感

    コントロール寄りのラケットですが、同じくヘッドの「プレステージ」と比べると、ボールの飛びはいいですね。

    ラケット側が意図しているような先端気味でボールを捉えたときには、もっとパワーが出ますし、スピンもかかる気がします。

    しっかり捉えられる技術があれば、ラケットスペック以上のパワーを持つラケットに化けそう。

     

    スペックよりもパワーを感じるサーブの威力

    個人的には、サーブの打ちやすさが魅力的。

    「100インチでフレームが薄めのラケット」という括りの中では、1,2を争うくらいサーブ性能が高いと感じました。

    ボールの飛び、スピン性能、コントロール、いずれも高い水準でまとまっています。

     

    グラビティMPに求めちゃいけない部分

    いろんなプレーをミックスしたときに慣れにくい

    このラケットの真価を発揮するのに必要なのは、いつもより先端気味でボール捉えること。

    その「いつもより先端気味」を意識するとき、ストロークだけ、ボレーだけ、と同じショットを打ち続けられるなら、だんだん安定してきます。

    ただ、試合などいろんなことがランダムで、状況に応じたショットを打つ場面では、慣れるまでに時間がかかる

    僕の実力だと、打つことはできるけど、続けるのは難しいなーと。

    打ちにくいボールが打ちやすく感じるのも、たまたま先端気味で捉えてしまっている僕のストローク技術の問題ですね

     

    【結論】グラビティMPは「攻めと守りのメリハリをつけたい」なプレーヤーが使うべきラケットである


    上記でも触れましたが、基本的にはコントロール向きのラケットです。

    ただ、しっかり捉えられたときのパワーが魅力だなと感じました。

    一球ごとに意図を持たせて、攻める・守るを使い分けられる(使い分けたい)ストローカーに合うんじゃないでしょうか(サーブはかなり攻めれます)。

    ぼくはぼやっとストロークしちゃう人間なので、慣れるのに時間がかかりそう

    一般的なラケットと少し印象が違うので、このラケットと決めたら、しばらくの間は他のラケットに浮気せず、じっくり使っていくべき1本。

    長年付き合えるラケットをお探しの人は、いかがでしょうか?

    関連記事