ラケット

ヘッド スピードMPのインプレ・感想【#その道具、凶暴につき】

ジョコビッチのテニスラケットでもお馴染みの、ヘッド「スピード」シリーズ。

ボールの勢いはそのままに、コントロールを武器とするテニスラケットですが、今回のモデルはスピードの名の通り、「ハイスピード」なボールが打てました!

コントロール重視のフレーム形状からは想像できないほどの「飛び」を活かして、 攻めつつ守るような、質のいいストロークを打ちたい人にぴったりなラケットだと感じます。

HEAD(ヘッド)グラフィン360+ スピード MP
ヘッド(HEAD)

スピードMPでプレーしてみた率直な感想(インプレ)

【参考】普段のラケットとプレースタイル
普段のラケット

ブリヂストン「VX305」+ヨネックス「ポリツアープロ」

  • 大好きなボックス形状
  • 特にこれといった特徴がない(褒め言葉)
  • すべてにおいてノーマル性能で、最高に扱いやすい
  • ↓VX305を詳しく見るならこちらからどうぞ!
    ブリヂストン VX305を使い続けてきた感想・インプレ【#究極のノーマル】

    プレースタイル
  • ストローク
  • コンチネンタルのフォアハンド+両手バックハンド(どちらもスピンは少なめ)

  • ネットプレー
  • ただただ好き

  • サーブ
  • スライスとスピンがメイン。フラットはあまり打ちません。
    「ストロークと比べて、ネットプレー・サーブのほうがマシ」という、自称“ネガティブ”サーブ&ボレーヤーです。

    ストローク

    5段階評価:
    すごいです。

    自分のストロークが上手くなったのかと勘違いするレベルで、いいボールが打てました。笑

    よく飛んでくれ、スピンもかかるので、「ボールが減速しないまま相手に届く」という表現が伝わりやすいかなと。

    バックハンドをきっちりクロスへ打ち続けられるコントロール性も◎。
     

    ネットプレー

    5段階評価:
    ネットプレーに庵しては、特筆すべきことがないというか、可もなく不可もない印象。

    楽になるわけでもないし、難しく感じることもありませんでした。

    ラケットのブレ・嫌な振動はなかったので、衝撃吸収性は高そうです

     

    サーブ&リターン

    5段階評価:
    サーブは、フラットサーブが勢いよく飛んでいってくれます!

    スライス・スピンは、回転がすごいかかるわけではありませんが、必要十分。

    コントロール性もいいので、安心して振り切れる点が良かったです。

    リターンは、ボールの威力に負けずに、打ちたいところへ打てました。

    後ろに下がって丁寧にリターンする形でも、力強いボールで返せるのがポイント。
     

    スピードMPのすごいところ2つ

    「凶暴」ともいえるハイスピードなボール

    スピードMPのフレーム形状・厚みからは考えられないくらい、ボールが飛びます。

    ストリングの調整にもよりますが、「薄ラケ」モデルで一番のパワーじゃないかな。

    ストローク力が上がるラケットって、受け手になるとよく分かるんですよね。

    以前紹介した「VcorePro100」と同じく、相手に打ってもらうと、いつもよりいいボールが来るので、自分が打ってるとき以上にスピードMPの良さがわかりました!
     

    攻守一体となる、ちょうどいいスピン量

    そこそこのスピンがかかるのも特徴的で、ボールが短くなりにくく、ただ打ってるだけで安定して返せます。

    なので、「攻めたい」「守りたい」のどちらかを意識しなくても、ちょうどいいボールが飛んでいき、ラリーの主導権が取りやすいんじゃないかと。

    相手に攻められてる状況でも押し返しやすく、左右に打ち分けてるだけで攻撃が成り立ちそう。
    HEAD(ヘッド)グラフィン360+ スピード MP
    ヘッド(HEAD)

     

    スピードMPに求めちゃいけない部分

    緊張した場面でも振りきれるか?

    ラケット性能については、申し分ありません。

    ただ一点挙げるとすれば、緊張しているときにも振り切れるかなということ。

    僕のプレースタイル・技術の問題もありますが、短めのボールを持ち上げるときとかは、少し怖く感じます。

    スピンをあまりかけない(かからない)打ち方をする人間なので、ボールがロングしてしまうこともあり、デリケートなショットでは丁寧さを求められました。

    普段からスピンショットを打っている人にとっては、そこまでマイナスポイントにはならないかと。

     

    【結論】スピードMPは「ボールスピードを武器に、攻めも守りもアグレッシブにいきたい」プレーヤーが使うべきラケットである


    スピードMPは、ハイスピードなフラットでドーンと攻めるのも悪くないでしょう。

    ただ、今回の試打を通して一番感じたのは、いい意味で攻撃と守備の境目がないストロークの質の高さです。

    どこからでも攻めれる・守れるだけのパワーがあるので、「とりあえず返す」ようなボールでもヘロヘロになりにくい

    これ以上パワーがあるラケットもありますが、そうなるとコントロール性が犠牲になってしまうので、ギリギリのラインで両立できているのがスピードMPではないかと。

    • もう一段階上のストローク・展開を手に入れたい男性
    • 黄金スペックを使っていて、コントロールを高めたい女性

    のような人の期待に応えてくれるテニスラケットです!

    HEAD(ヘッド)グラフィン360+ スピード MP
    ヘッド(HEAD)