ラケット

プリンスのTOUR 95のインプレ・感想【#まだここにある】

みなさんフェイスサイズにこだわりはありますか?

個人的に「98」と「100」は、たった“2”ながら、振り抜きやすさがけっこう違う気がして、98のほうが好きなんですよね。

今回紹介するTOUR95は、その名の通りフェイスサイズが「95」のモデル。

98と比べて“3”小さいがゆえ、振り抜き・取り回しのよさは抜群でした!

「パワー不足」は感じない、普通に打てちゃうモデルに仕上がっています!

TOUR 95でプレーしてみた率直な感想(インプレ)

【評価基準】普段のラケットとプレースタイル

▼基準となるラケット
BRIDGESTONE VX305

ストローク

ネットプレー

サービス

  • 過度な特徴のないノーマルな性能
  • パワーもスピンもそれなり
  • ボレーやスライスのノリ感がGOOD

▼プレースタイル

▼評価基準

【ストローク】
パワーよりも安定感
ミスせず打ち続けられる

【ネットプレー】
掴む感覚がある
ボールの深さ調整がしやすい

【サービス】
十分なスピン性能がある
自信を持ってセカンドを打てる

を重視し「VX305」と比較して評価をつけています!

ストローク

5段階評価

わずかに弾く感じと、ボールをしっかり掴む感じのバランスが◎。

ボールを飛ばすパワーもそこそこあり、スピンも意外とかかりました!

ストロークに関しては、「あれ?95インチだよね?」となるくらい普通に打てます

パワーはプロスタッフ97とそこまで変わらないくらいと感じたので、ボックス形状に慣れている人なら使いこなせるレベルだと思います

 

ネットプレー

5段階評価

しっかり当てれたときのボールの伸びが素晴らしい!ただし、大きくはないフェイスサイズなので調整力が求められました。

この「ごまかしが効かない」のは95インチらしい感覚ですが、バランスポイントが310mmなのもあって、取り回しはかなりいいです!

ラケット重量もあるので、相手のボールに負けにくいのもポイントです

 

サーブ&リターン

5段階評価

正直思ってたよりもスピードが出たので、びっくりしました。スライスやスピンもかけにくくはなく、サーブが得意の人と相性が良さそう

サーブは自分のタイミングで打てるので、フェイスサイズが小さめでも安定しますね。

リターンは、まずまず。

早いタイミングだと難しくて、後ろに下がって構えてから打ちたくなりました。笑

 

TOUR 95のすごいところ

95インチとは思えないパワーと打感

もちろん今どきのラケットはハイパワー化しているので、それらと比較したら多少見劣りはします。

ただ、何も知らない状態で「98インチです」って渡されても、疑わずに使えるレベルだと感じました!

95インチの利点である「振り抜きの良さ」はそのままに、ラケット性能がアップ!

「90」や「93」などのミッドサイズを使っていた人は、ここまで使いやすいのか …って感動するのでは?

 

TOUR 95に求めちゃいけない部分

難しくもないけど、かんたんなラケットでもない

取り回しの良さがあって、スピンだとか、スライスだとか、ひとつひとつの技術で「これがしにくい」ってことはなかったです。

ただし、「とりあえず当てとけばOK」のようなラケットではないので、1日に何試合もプレーするなど、長い時間になるとちょっとしんどいかも。

一昔前は、このような「難しいけど気持ちいいラケット」が色々ありましたよね

今は、同じくプリンスから出ている「グラファイト」シリーズくらいかな?

めっきり少なくなってしまいましたが、やっぱりあのときの感覚・打感が好きな人に「まだありますよ」って伝えたいです。

さらに扱いやすく進化しているので、一度は打たなきゃ損なラケットですよ!

 

【結論】TOUR95は「ギュッとつまった打感に現代技術のパワーが載っかった」ラケットである


ストロークもサーブも、とにかくスイングしやすくて、厚く当てても腕(肘)が痛くならないのが印象的。95インチとして類まれなレベルです!

95インチこそ本命だけど、95インチだけだと販売数が上がらないから、売れ筋モデルとしてTOUR100も出しておいたんじゃないかって邪推したくなるほど、完成度が高いと感じました。

素材や製造技術が発展する中で、あえて95インチを出してくれるのはうれしいですよね
  • 振り抜き重視で、ガンガン振りたいフラット系ストローカーの人
  • サーブを中心に、取り回しの良さでプレースメントで勝負していきたい人

にオススメします!

関連記事