シューズ

エクリプション3 のレビュー【テニスシューズ観察記 #25】

このシューズの特徴
  • クッション性と反発性のバランスが◎
  • 最大限のグリップ性能が発揮できる調整されたソールパターン
  • スライドや切り返すときの高い安定感

今回紹介するヨネックス「エクリプション3」は、「踏み込んだときの、クッション性と反発性のバランスに優れた安定性の高い」テニスシューズです。

関連記事

【2020】おすすめのテニスシューズ15選と選び方を元店員が解説!(幅広・レディース・部活動)テニスシューズオタクの元店員が、30足以上のテニスシューズを履き比べた中から厳選したオススメのテニスシューズをお悩み別に紹介! また、最新のテニスシューズ事情をふまえた選び方を、初心者にもわかりやすいように解説します。...
テニスシューズの人気メーカーとシューズラインナップのまとめ【随時更新中】 テニスシューズは、テニスラケットほどリリース情報が打ち出されるわけではないのが現状。 ただ、注目はされにくいですが、どのメ...

まずはヨネックスのシューズ展開をチェック!

シューズ名
シューズ幅
対応コート
重量
アウトソール
ガッチリorしなやか
 

エアラスダッシュ2
標準
ワイド
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
しなやか
 

ソニケージ2
標準
ワイド
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
しなやか
 

フュージョンレブ3
標準
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
ややしなやか
 

エクリプション3
標準
オールコート
オムニクレー
普通
ハーフ
ガッチリ

ヨネックスといえば、すべてのテニスシューズに採用されているパワークッションですね。

そこに「パワーカーボンドライブ」というプレートを合わせることで、反発性も強化。

今回の「エクリプション3」は、しっかりしたクッション性を持たせながらも、踏み込んだときのパワー(推進力)がアップしています。

注目ポイントは、履きやすく工夫された高耐久のアッパー

前作のエクリプション2も耐久性が高いモデルでしたが、さらに進化。

アッパーは厚みが増し、つま先部分・かかと部分も硬めの素材を使用することでホールド感がアップしました。

それでいて、アッパーの下にはメッシュ素材が敷かれているので、通気性も損なわれていません。

あと個人的にとてもいいなと思ったのが、このタンにあるベルト。

たいていの場合、1か所のみについている「靴ひもを通すループ」を、クロスする部分すべてに採用。

タンと靴ひもが密着することで、履くときにタンを持ち上げやすいですし、落ちていきにくくなっています。

ミズノ「エクシードツアー4」、ウィルソンの「ケイオス3.0」、ニューバランス「996」など、タンが落ちていかないよう工夫されているモデルが増えてきてうれしいです

アウトソールは「ハーフ」で、しっかり踏み込めます

アウトソールは、セパレートからハーフに変更されました。

円形状に空いた部分からは、新しい「パワーカーボンドライブ」が見えます。

新しく採用された形状は、蹴り出すときのねじれを防ぎ、推進力がアップ

カーボンによって蹴り出すときの反発性が高まったので、セパレートじゃなく安定性を高いハーフタイプに移行したのかなーと思います

 

また、新設計となるオムニ・クレー用のソールパターンにも注目です。

この写真の向きからだと、ドットのように見える「ピン」の長さ・傾きが、配置場所によって調整されています。

「蹴り出すとき」「スライドするとき」それぞれで最大限のグリップ性能を発揮できるように加工。

メリハリをつけることで、引っ掛かりがなくプレーできるようになりました。

サイズ・カラー展開

オールコート用は、

メンズモデル(22.0~29.0)が、

  • 「ブルー × ホワイト」

レディースモデル(22.0~26.0)が、

  • 「レッド × ホワイト」

 

オムニ・クレー用は、

メンズモデル(22.0~29.0)が、

  • 「ブラック × シルバー」
  • 「ネイビー × レッド」

レディースモデル(22.0~26.0)が、

  • 「ネイビー × ブルー」

を展開しています。

どのモデルも、かなりかっこいいモデルに仕上がっていますね。

僕のイチオシは、オムニ・クレー用のブラック × シルバーです

オールコートモデルはこちら

オムニ・クレーモデルはこちら

実際に履いてみると、全体的にガッチリしていて、安定性が高いです

シューズ重量は 395g とガッチリしつつも重すぎることはないです。

あと注目ポイントでもお話ししたタン形状は、やっぱり履きやすいですね。

タン自体も、大型化してクッション性が高まっているので、靴ひもをグイグイ締めても圧迫感がないのが◎。

横幅はやや広めで、かかと周りはすっぽり収まるというよりは、硬めの素材による固定力がありました。

しっかり足にフィットしたまま蹴り出せますし、踏み込んでもぶれない感覚が強いです。

他社での例えになってしまうんですが、アシックスの「コートFF2/NOVAK」と「レゾリューション8」の中間くらいの性能かなと。

このシューズ内側の補強の感じも似ていますし、とても完成度の高いモデルです。

レビューまとめ(エクリプション3がオススメの人)

エクリプション3は、クッション性を残しつつも反発性に優れ、激しくフットワークにしっかり応答してくれるテニスシューズだと感じました。

  • クッション性重視だけど、反発性も少し欲しい人
  • しっかり動いてショットを打ち続けられるシューズをお探しの人

にオススメします!

オールコートモデルはこちら

オムニ・クレーモデルはこちら

似たシューズの紹介

アシックス − レゾリューション8

どちらもクッション性と反発性のバランスに優れていますが、

  • より耐久性があり、力強く蹴り出せるのが、エクリプション3
  • 軽快性を重視するなら、レゾリューション8

になるかなと思います。

関連記事