FuelCell 996 のレビュー【テニスシューズ観察記 #16】

[box02 title=”このシューズのポイント”]

  • 以前のモデルから、40-50gほど軽量化
  • 少ない力でも素早く動ける反発性能
  • 通気性がよく、フィット感にも優れたアッパー素材

[/box02]

今回紹介するニューバランス「FuelCell 996」は、見た目はほとんどそのままに、高速化するテニスに合わせて、新素材で生まれ変わったテニスシューズです。

目次

まずはニューバランスのシューズ展開をチェック!

ニューバランスのシューズは、進化を続けていく中で、結構大きなモデルチェンジを繰り返している印象。

今回のFuelCell 996も「もはや別のシューズでは?」と言いたくなるくらい、ガラッと変更になりました!

注目ポイントは、高速テニスに対応する高反発の新素材「FuelCell」

ニューバランスが開発した「FuelCell」とは、高反発性のミッドソール。

クッション性は損なわずに、反発性を高めたことで「弾む」ような感覚が特徴です。

アッパーには、柔らかくて通気性がいい「HYPOKNIT」が採用(そして、薄手でもあります)。

どちらも素材としても軽いため、軽量性と反発性を重視して作られたモデルといえますね。

ただ、その分、以前のモデルと比べて、耐久性やサポート性が少し低下しているなと感じました。

もちろん、低下しただけで不足しているわけではないですし、より幅広い人に合いやすいモデルになったと思います。

アウトソールは「フラット」で、しっかり踏み込めるのに警戒にも動ける

この部分は変更なく、フラットソールのまま。

フラットソールで軽量モデルというのは、ほかに見たことがないので、かなり珍しい組み合わせだなと。

しっかり踏み込める安定感に高反発性が合わさることで、一歩一歩の足取りが軽くなるのが期待できます。

カラー展開

メンズでは、
オールコート用として、

  • 「ホワイト」
  • 「イエロー」

オムニ・クレー用として、

  • 「ネイビー」

レディースでは、
オールコート用として、

  • 「グアバ」(ピンク)

オムニ・クレー用として、

  • 「バリブルー」(スカイブルー)

を展開しています!

[chat face=”tenikoala_11.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 標準幅、ワイド幅ともに、カラーは共通なので、購入するときに幅を確認しましょう。 [/chat]

 

また、ぱっと見ただけだと以前の996モデルと同じに見えちゃうので、見分け方をひとつ。

ミッドソールに「縦縞」が入ってるのが、FuelCellを搭載した新しい「996」です。

こちらも、購入する際はチェックしましょう!

オールコートモデルはこちら

オムニ・クレーモデルはこちら

実際に履いてみると、軽量性と高反発性に優れているので、少ない力でしっかり動けるモデルでした


シューズ重量は 324g

以前のモデルが370~380gくらいだった記憶があるので、かなり軽量化されています。

似たような見た目ですが、軽さとアッパー素材の違いで、履いた瞬間から別物感がありました。

 

変わっていなかったのは、かかと周りのフィット感。

[chat face=”tenikoala_smile1.png” align=”right” border=”gray” bg=”none”] 包むようにフィットしてくれるのが、ニューバランスのテニスシューズの特徴です。 [/chat]

軽く動いてみたところ、クッション性やサポート性は、まずまず。

軽量性と反発性に特化しているだけに、少ない力でもしっかり動ける感覚が印象的でした。

レビューまとめ(FuelCell 996がオススメの人)

FuelCell 996は、高い反発性を活かして、目の前の1ポイントのために動き続けられるテニスシューズだと感じました。

  • 地面をしっかり踏み込める「軽い」シューズをお探しの人
  • サポート性よりも、反発性を重視したい人

にオススメします!

▼オールコートモデルはこちら

▼オムニ・クレーモデルはこちら

似たシューズの紹介

ナイキ – エアズームヴェイパープロ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次