シューズ

プロパルス フューリーのレビュー【テニスシューズ観察記 #36】

プロパルス フューリーのレビュー【テニスシューズ観察記 #36】

このシューズの特徴
  • パワーベルトによる高い安定性
  • ミシュラン製のラバーを使ったアウトソール
  • 重すぎず軽すぎないシューズ重量

今回紹介するプロパルス フューリーは、動きやすいシューズ重量とハイレベルな安定性能を両立したテニスシューズです。

▼関連記事

【2021】おすすめのテニスシューズ12選と選び方を元店員が解説!(幅広・レディース・部活動)

テニスシューズの人気メーカーとシューズラインナップのまとめ【随時更新中】

まずはバボラのシューズ展開をチェック!

シューズ名
シューズ幅
対応コート
重量
アウトソール
ガッチリorしなやか
 

ジェットテレ
標準
オールコート
オムニクレー
軽め
セパレート
しなやか
 

ジェットマッハ3
標準
オールコート
オムニクレー
普通
セパレート
しなやか
 

プロパルス ブラスト
標準
ワイド
オールコート
カーペット
普通
セパレート
ややしなやか
 

プロパルス フューリー
標準
オールコート
クレー
普通
セパレート
バランス型
 

プロパルス レイジ
標準
オールコート
普通
セパレート
ガッチリ

今回の「フューリー」は、安定性・耐久性・快適性のバランスに優れた「プロパルス」シリーズの一足。

安定性・耐久性をより重視したモデルが「フューリー」で、快適性・軽量性に重きを置くのが「ブラスト」です。

さらなる安定性を追求した「レイジ」も、在庫わずかながら展開しています

注目ポイントは、シューズのブレを抑える「パワーベルト」


「プロパルス」シリーズには、シューレースのサイドに「パワーベルト」を取り付けています。

足のブレを抑制することで、スムーズな足運びを実現!

左右への動きはもちろん、ダッシュしたときでも足との一体感が強く感じられます。

また、かかと部分には、EVA樹脂「KPRS-X」を使用しているのも見逃せません!

衝撃吸収に優れ、かかとにかかる負荷を軽減してくれます。

アウトソールは「セパレート」で、軽快に動けます


アウトソールは、タイヤメーカー「ミシュラン」のゴム素材を使っているので、グリップ力・耐久性ともに抜群の性能です!

また、蹴り出すときの足の動きに合わせて溝が入っているのもポイント。

スピーディーに、次への一歩を踏み出せる構造になっています。

サイズ・カラー展開

サイズは、

メンズが「25.0cm~31.0cm」
レディースが「22.5cm~26.5cm」

で展開中。

また、カラーは、
オールコート用として、

  • メンズ: 「ドライブブルー」
  • レディース:「ブラック×ベージュ」

また、クレー用として、

  • メンズ: 「ドライブブルー」
  • レディース:「ブラック×ベージュ」

オールコート用と同色のラインナップが展開されています。

オールコートモデルはこちら

クレーモデルはこちら

実際に履いてみると、


シューズ重量は、357gと前モデルに比べて、かなり軽くなりました!

横幅は、平均よりちょっとだけ細めですね。

シューズ内側の補強部分が固めの素材なので、幅広の人が履くと足に当たって気になるかも。

ただ、実際に動いている中では固さは感じれず、意外と蹴り出しやすかったです。

この固さが、左右へ切り返すときの支えになってくれるので、安定感がとてもあります。

ガッチリ系の安定性を持ちながらも重くない、他にないモデルかと

レビューまとめ(プロパルス フューリーがオススメの人)

プロパルス フューリーは、一般的な重さながら、重量級のテニスシューズと謙遜ないレベルでカッチリ履けるモデルと感じました。

  • 最後まで全力でボールを追いかけ続けたい人
  • シングルスを中心にプレーしていて、一日に何試合もこなすことがある人

にオススメします!

ダブルスをすることが多い人は、もう少し軽くて動きやすい「ブラスト」のほうをオススメします

▼オールコートモデルはこちら

▼クレーモデルはこちら

似たシューズの紹介

ディアドラ – スピードコンペティション5

足全体をクッションでつつむような履きごこちが好きな人は、スピードコンペティション5が合うかと。

横幅も若干ですが、スピードコンペティション5のほうが広いです。

足に沿うような履きごこちが好きな人は、プロパルスフューリーのほうがオススメです!

関連記事