テクニファイバー「TF-40(305g)」のインプレ・感想【#襟を正して】

目次

TF-40 305 16Mをゲーム形式でプレーした感想(インプレ)

ストローク:スッキリした打感で飛びは普通

5段階評価

今使っているVX305と同じく、やや控えめながら、余裕を持って打てれば飛ぶ感じ。

ただ打感がクリアで気持ちよく、どこに当たったとかも分かりやすいです!

スピンについては基本的にはかからず、打ち方次第といったところ。

基本フラット系で、ラケットフェイスにボールが乗る感じもあります

ネットプレー:タイミングで勝負

5段階評価

当てるだけじゃボールは飛ばず、ボールが短くなりがちです。

ボールをきちんと捉えることが前提にはなりますが、打ちにくくはありません!

多少スイングする必要があるけど、コントロールできる余地がすごくあるなと感じました!

ハッキリとした感触を伝えてくれるので、打ってて楽しいです

サーブリターン:スピンはかけれます!

5段階評価

サーブに関しては、もう本当に自分の実力通りのサーブが飛んでいきます(とくにフラットサーブ)。

スライスもスピンも、めっちゃはかからないけど、かけたい分はかけられました!

若干ボールを持つ感じがあるので、かかってる感覚がわかりやすい部類のラケットだと思います!

リターンは、意外と返せるなというのが率直な感想。

相手のボールスピードに合わせる感じになりますが、まずはコートに返そうというショットが打ちやすいです!

TF-40 305 16Mの頼もしいところ

すべてが「実直」な性能

ボールの軌道と同じく、そのままだとフラットな性能を持ったラケット。

自分のプレーレベルに依存するものの、暴発しない、また、緊張したときでもスイングできるような安心感がありました。

ボールが飛ばないって感じる人はいても、打ちにくいって感じる人はほとんどいないラケットだと思います。


TF-40 305 16Mに求めちゃいけないところ

裏切らないけど、助けてもくれないフォロー性能

普通に打つことは問題なくても、時間が経つにつれ、つなぎのショットであってもちょっとしんどくなりました。

自分の技術・体力がナチュラルに高レベルで要求されていると言いますか、なんとなく使うにはハード。

僕の技術・体力では、ギリギリ使えるかもというスペックだと感じました。

同じテクニファイバーの「T-FIGHT RS 300」と比較してみる

近いスペックのラケット2本、打感は「TF-40」のほうがよりクリアで、しなりも感じられます。

ボールの飛びは、間違いなく「T-FIGHT RS 300」のほうがよく、あらゆる場面で楽できる(アシストしてくれる)と思います。

よって、どちらかで迷っているなら、扱いやすい「T-FIGHT RS 300」が断然おすすめです(試合に出る人は特に)!

ただし、「TF-40」は自分で強弱のコントロールをできている感覚に優れているので、ちょっと気合を入れ直してテニスに真剣に取り組みたい人は、TF-40にチャレンジしてもいいかも

【結論】TF-40 305 16Mは「わかりやすい打感を好む硬派なプレーヤーに使ってほしい」テニスラケットである

使いこなすにはむずかしいラケットですが、打ってて楽しいし、うまく打てたときの快感も格別!

デザイン的にも、地味すぎず派手すぎない品の良さがあるのが個人的に好きです。

がんばって鍛える必要はあるけど、VX305からの乗り換え候補のひとつとして検討中。

なんとなくでなく「これこそは!」と選びたくなる一本であると思います!

あまり人と被らないって意味でも、個性が個性が発揮できそうですね

  • 打感を重視する、コントロール派+ボックス好きの人
  • あえて楽はせず、使いこなしていく過程を楽しめる人

におすすめします!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次