シューズ

ウイルソンのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「KAOS 3.0」「KAOS 3.0 SFT」「RUSH PRO 3.0」「AMPLIFEEL 2.0」

ラケットのシェア率では、トップを誇るウイルソン。

最近ではエコなテニスボールだったり、ラケット以外のグッズにも力を入れていますよね。

その中でも、僕が一番注目して欲しいのがテニスシューズ

有名メーカーに比べると知名度は低いですが、フットワークに役立つ、かなりいい機能を持ったテニスシューズを開発しています!

そんなウイルソンのテニスシューズですが、上位モデルを4種類展開中。

  • ケイオス3.0
  • ケイオス3.0 SFT
  • ラッシュプロ 3.0
  • アンプリフィール 2.0

それぞれのサイズ感や注目ポイントなど、履き比べてみた感想をお届けします。

足に張り付くようなフィット感が特長の「ケイオス3.0」

ケイオス3.0のサイズ感

27.0cmで 315g と、テニスシューズの中でもかなり軽いモデルになります。

横幅はやや細めですが、圧迫感はなく、全体的に吸い付くようなフィット感が◎。

シューズのタンが薄いのが特徴で、足の甲にピタッと張り付くのがクセになるほど心地良いです。


 

ケイオス3.0のポイント

アッパーは通気性のいいメッシュ素材で覆いながらも、消耗しやすいつま先やシューズ内側には、硬い素材を使ってしっかりガードしてあります。

そして、ソールの中足部には、重心移動をサポートする樹脂パーツが搭載。

ただ軽いだけでなく、しっかり動いても大丈夫なサポート性能・耐久性も備えています。
 

ちょっとだけ気になった点

これといって気になる点はないほど、完成されたモデルだと思います。

強いてあげるとすれば、アウトソールの接地面が小さいので、安定性には期待しないほうがいいかなーと。

踏み込んだときや、切り返すときの動きを重視したい人は、ラッシュプロ3.0のほうが合うかもしれません。

 

ケイオス3.0の評価・感想まとめ(オススメできる人)

ケイオス3.0は、動き出しが軽く、コンセプトである「初速が変わる」テニスシューズに仕上がっています!

あと一歩を速くしたい人や、スッキリとした圧迫感のないテニスシューズを履きたい人にオススメです。

オールコート用はこちら

オムニ・クレーコート用はこちら

 

さらなるフィット感・耐久性を両立させた「ケイオス3.0 SFT」

ケイオス3.0 SFTのサイズ感

基本的な作りは、ケイオス3.0と同じになっています。

変更されているのは、タンの形状と靴ひも。

アッパーとタンが一体化した「シュータン一体型」になり、フィット感がアップしました。

靴ひもは、テニスシューズでは珍しいワンタッチ型の「クイックレーシングシステム」が採用されています。

靴ひもを引っ張るだけで、ひも全体がしっかりと締まるので、かんたんですね。

少し大げさですが、圧縮袋に入った布団くらいぴったりとフィットしてくれます。

 

ケイオス3.0 SFTのポイント

そのほか、ケイオス3.0からパワーアップしているのは、安定性と耐久性の部分です。

安定性では、アッパーのサイドに搭載された「センシフィット」というパーツが、ケイオス3.0より増えていて、中足部の安定性が強化されました。

耐久性は、擦れに強い「ドラッグパーツ」が足首のあたりにも使われているので、よりハードにスライドする人にも安心な作りになっています。


 

ちょっとだけ気になった点

シューズの性能ではないのですが、履きにくさは感じると思います。

SFTのような「シュータン一体型」は、フィット感が抜群なものの、足を入れる履き口が狭いです。

一般的なシュータン一体型モデルと比べると履きやすいですが、人によっては、靴べらを用意したほうがスムーズに履けそう。

あと、今回のSFTにはオムニ・クレー用のモデルは展開していないので、オムニ用のソールが好きな人にはオススメしにくいです。

ただ、オールコート用の中ではグリップ力が強めなので、僕のレベルではオムニコートでも問題なく使用できました。

 

ケイオス3.0 SFTの評価・感想まとめ(オススメできる人)

ケイオス3.0 SFTは、耐久性に優れた軽量テニスシューズです。

履きごこちもよさも含めて、ほかのメーカーにないモデルではないかと。

かんたんに靴ひもが結べるのに、しっかりとしたフィット感があるのも◎。

軽くて動きやすいシューズを探している人にオススメします。

オールコート用はこちら

 

驚きの蹴り出しやすさを持つ「ラッシュプロ 3.0」

ラッシュプロ 3.0のサイズ感

ラッシュプロは、ウイルソンのモデルの中で「安定性」を重視したモデルになっています。

重さは 350g(公式)と、意外にもやや軽めの部類。

作りとしては少しだけ細めですが、アッパーに固い素材を使用していないので、足幅が細い人以外でも使えるサイズに仕上がっているかと。

また、つま先(前足部)にもクッション性がしっかりあるので、安心感があります。
 

ラッシュプロ 3.0のポイント

このシューズ一番の特徴は、「4Dサポートシャーシ」

ソールの小指側からななめに搭載されている樹脂パーツで、ボールを打つときの重心移動や回転運動をサポート

 

また、青の向きにはねじれにくいため、体重が外側へ逃げづらくなっています。

 

ガニ股+足からのパワーを伝えるのが下手なでも、びっくりするぐらいスムーズに地面を蹴れました。

ちょっとだけ気になった点

アッパーの素材がメッシュ素材のみなので、ハードに動く人には耐久性が物足りないかも。

シューズ内側など、必要な部分には補強がされていますが、どちらかというと履きごこちが重視されている感じです(だからこそ軽い)。

あとは、ダブルアイレットで履きたかったなーというのが本音。

幅狭+甲低の僕としては、このシューホールがあるのとないので、かかとの安定性がかなり変わります。

次期モデルでついてくれたら、蹴り出しに関しては最高のテニスシューズになると思います。
 

ラッシュプロ 3.0の評価・感想まとめ(オススメできる人)

ラッシュプロ 3.0は、安定性やサポート性で、非常にバランスの良いテニスシューズです。

足からの力を伝えるのが苦手な人は、「4Dサポートシャーシ」のあるソールを一度試してみて欲しいです!

硬くもなく、重たくもない、どなたにでもに合うモデルになっていますよ。

打球の質を上げたい人は、このシューズを選んでみてはいかがでしょうか?

オールコート用はこちら

オムニ・クレーコート用はこちら

 

テニスシューズとサポーターが一体化した「アンプリフィール 2.0」

アンプリフィール 2.0のサイズ感

基本的には、ラッシュプロ3.0と同じく「4Dサポートシャーシ」などが搭載されたモデル。

大きく変わっている部分は、見た目からも分かる通り、足首周りのサポーターですね。

足首周りまで覆われるので、なかなかタイトな履きごこち。

履くのは少し手間がかかりますが、その分、足首・土踏まずの両方がしっかり支えられている感覚がありました。
 

アンプリフィール 2.0のポイント

この足首にあるサポーターは、「アンプリフィールベルト」といいます。

このベルトは、テーピング理論に沿った構造で、シューズを履いたときの母指球の下あたりからスタート。

そこから、シューズの外側を通って、足首を一周する形で伸びています。

このベルトが足首のストッパーとなることで、過剰な動きを抑制

こう書くと、それじゃ足を動かしにくいんじゃないのって思う人もいますよね。

全然そんなことはなく、可動域はサポーターに任せられるので、「足首のことは気にせず、自由に動いても大丈夫」な安心感がすごいですよ。
 

ちょっとだけ気になった点

性能的に申し分なく、多少の履きにくさも、サポーターとしての役割を考えたら許容範囲です。

ひとつ挙げるとしたら、アッパーが二層構造になっているので、オムニ・クレーコートで使うと、層と層の間にすごい砂が入りそうだなと。

オールコート用モデルのみ展開なので、オムニ・クレーで使う人は少なさそうですが、使ったあとは砂を払うのを忘れずに。

 

アンプリフィール 2.0の評価・感想まとめ(オススメできる人)

アンプリフィール 2.0は、タイトな履きごこちで足全体をしっかり支えてくれるテニスシューズです。

足裏の感覚を損なわず、足首のサポート機能も欲しいなら、これを選ぶべきです!

サポーターと一体化したテニスシューズは、今現在このモデルだけ。

捻挫経験のある人や、怪我の予防を重視している人は、このシューズがぴったりです。

オールコート用はこちら

 

ウイルソンのテニスシューズを履き比べてみた感想まとめ

ウイルソンのテニスシューズは、足からの力を使いやすいモデルが揃っています。

蹴る・切り返すなど、テニスに置いて重要なフットワークを支えるパーツは想像以上に良かったです。

他社にも引けを取らないクオリティを持つテニスシューズを、ぜひ一度は履いてみてほしい!

特に「ラッシュプロ 3.0」は、初中級の人など、ストロークの向上を目指している人に、かなりオススメしたいです。

全身を使ったフォームでショットを打ちたい人は、ウイルソンのテニスシューズを選択肢に入れましょう。

シューズ名をタップすると、個別の解説記事にジャンプします
シューズ幅
対応コート
重量
アウトソール
ガッチリorしなやか
 

ケイオス3.0
やや細い
オールコート
オムニクレー
軽め
ハーフ
しなやか
 

ケイオス3.0 SFT
やや細い
オールコート
軽め
ハーフ
ややしなやか
 

ラッシュプロ3.0
やや細い
オールコート
オムニクレー
普通
ハーフ
バランス型
 

アンプリフィール2.0
やや細い
オールコート
普通
ハーフ
ガッチリ

ほかのメーカーの履き比べもチェック!

テニスシューズの人気メーカーとシューズラインナップのまとめ【随時更新中】 テニスシューズは、テニスラケットほどリリース情報が打ち出されるわけではないのが現状。 ただ、注目はされにくいですが、どのメ...
アシックスのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「SOLUTION SPEED FF」「GEL-RESOLUTION」「COURT FF」アシックスのテニスシューズは人気が高く、練習コートに行くと履いている人が多いですよね! プロでも「あれ、この人アシックスだったっけ...
YONEXのテニスシューズ"エクリプション"と"フュージョンレブ"を愛用者に感想・比較してもらいました!ついつい迷ってしまうテニスシューズ選び。 ラケットを試打するように、テニスシューズも気軽に試せたらいいのですが、それも難しいですよ...
ニューバランスのテニスシューズを履き比べてみた評価・感想「MCH/MCO 896」「FUEL CELL 996」「FRESH FOAM LAV」普段履きのスニーカーとして、人気の高いニューバランス。 テニスシューズも最近はテニスコートで見かけることも増えてきました。 ...